芸能

小泉今日子 堤真一との禁断「路上暴走」一部始終!(1)「チューしそうに」を実行した

 サラリーマン夫をなじりまくる「鬼嫁」を好演し、話題を呼んだドラマはすでに第2弾が現実味を帯び、勢いそのままの打ち上げパーティは大盛り上がり。いや、盛り上がりすぎて、キョンキョンは禁断の暴走を目撃されてしまったのだ。

 ドラマ低迷時代にあって、初回放送で12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした「スーパーサラリーマン左江内氏」(日本テレビ系)。3月18日に放送された最終回少し前の3月13日、都内のイタリアンレストランで、主役の堤真一(52)とその妻役の小泉今日子(51)を囲む打ち上げが盛大に行われた。スポーツ紙デスクが振り返る。

「局上層部は続編や映画化を検討しているほど高評価でした。後半の視聴率の伸び悩みは分析済みで、キョンキョンの鬼嫁ぶりが過激すぎて、視聴者が引いてしまったと見ています」

 ドラマは藤子・F・不二雄氏のコミック「中年スーパーマン左江内氏」の実写化で、同時に、福田雄一監督の「週刊現代」の連載コラム「妻の目を盗んでテレビかよ」が元ネタの一つ。第347回のコラム内でも〈左江内氏の妻・円子のセリフの8割は、我が妻が今までに吐いてきたセリフ〉と書いているように、そこをマイルドに味付けすればまだまだウケると、局側は話していましたね」(前出・スポーツ紙デスク)

 初回放送から小泉の「くっせ~から早く洗いものしろ!」の超絶なセリフが飛び出し、「バッカか、お前は」は定番セリフの一つでもあった。小気味いい、鬼嫁役が楽しかったせいか、打ち上げの席の小泉は、終始ご機嫌だったという。テレビ関係者が明かす。

「マスコミをシャットアウトした会場では、壇上で挨拶したキョンキョンが『パート2があれば、こんな感じでお願いしまーす』と、続編に意欲的だったそうです。ロケ撮は少なく、完全週休2日制でしたからね(笑)。それでいて、今最も忙しいクリエーターと称される福田ワールドだけに、役者としてはたまらない作品でしょう」

 小泉の挨拶の直後には、こんなハプニングも起きていたそうだ。

「友人役だった福島マリコ(50)が寄っていってハグしたそうです。祝福の抱擁は連鎖し、夫役の堤とはまるで恋人同士のようにギュッと抱き合って笑いを誘っていた」(前出・テレビ関係者)

 しかし、この行動が徐々にエスカレート。酒好きの小泉と堤はノリノリで、人目もはばからず「濃厚接触」を重ね始めたという。番組関係者が明かす。

「二次会以降も酒が進み、そこでも和気あいあいとしたムードに包まれていましたね。堤は初回放送前の番宣の席で小泉のことを『かわいいんですよ。まんまですよ。(アイドルの頃と)変わらない』とベタぼめでしたし、雑誌のインタビューでも、『(小泉演じる鬼嫁がウソ泣きするシーンでは)ウソとわかっていても、いとおしくてチュ~しそうになりました』と笑っていました。堤は酒が進むとエロオヤジまる出しの軽いキャラ。キョンキョンはそんな堤と幾度となく抱き合っては、『チュッ!』とやっていました」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広でもリカバー不能?「音楽の日」で歌手LiSAを巡って大放送事故!
2
新垣結衣、共演女優が公開告発するも視聴者は全面支持したDL「裏切り行為」!
3
NMB48山本彩の名前を絶叫連呼!TBS音楽特番で中居正広も収拾不能の放送事故
4
藤井聡太四段、横綱白鵬に贈った扇子の「完売品とは揮毫が違う」レア度!
5
「激太り」沢田研二がさらに激変で「渋くてカッコいい」「ガッカリ」の大激論!