芸能

小泉今日子 堤真一との禁断「路上暴走」一部始終!(1)「チューしそうに」を実行した

 サラリーマン夫をなじりまくる「鬼嫁」を好演し、話題を呼んだドラマはすでに第2弾が現実味を帯び、勢いそのままの打ち上げパーティは大盛り上がり。いや、盛り上がりすぎて、キョンキョンは禁断の暴走を目撃されてしまったのだ。

 ドラマ低迷時代にあって、初回放送で12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした「スーパーサラリーマン左江内氏」(日本テレビ系)。3月18日に放送された最終回少し前の3月13日、都内のイタリアンレストランで、主役の堤真一(52)とその妻役の小泉今日子(51)を囲む打ち上げが盛大に行われた。スポーツ紙デスクが振り返る。

「局上層部は続編や映画化を検討しているほど高評価でした。後半の視聴率の伸び悩みは分析済みで、キョンキョンの鬼嫁ぶりが過激すぎて、視聴者が引いてしまったと見ています」

 ドラマは藤子・F・不二雄氏のコミック「中年スーパーマン左江内氏」の実写化で、同時に、福田雄一監督の「週刊現代」の連載コラム「妻の目を盗んでテレビかよ」が元ネタの一つ。第347回のコラム内でも〈左江内氏の妻・円子のセリフの8割は、我が妻が今までに吐いてきたセリフ〉と書いているように、そこをマイルドに味付けすればまだまだウケると、局側は話していましたね」(前出・スポーツ紙デスク)

 初回放送から小泉の「くっせ~から早く洗いものしろ!」の超絶なセリフが飛び出し、「バッカか、お前は」は定番セリフの一つでもあった。小気味いい、鬼嫁役が楽しかったせいか、打ち上げの席の小泉は、終始ご機嫌だったという。テレビ関係者が明かす。

「マスコミをシャットアウトした会場では、壇上で挨拶したキョンキョンが『パート2があれば、こんな感じでお願いしまーす』と、続編に意欲的だったそうです。ロケ撮は少なく、完全週休2日制でしたからね(笑)。それでいて、今最も忙しいクリエーターと称される福田ワールドだけに、役者としてはたまらない作品でしょう」

 小泉の挨拶の直後には、こんなハプニングも起きていたそうだ。

「友人役だった福島マリコ(50)が寄っていってハグしたそうです。祝福の抱擁は連鎖し、夫役の堤とはまるで恋人同士のようにギュッと抱き合って笑いを誘っていた」(前出・テレビ関係者)

 しかし、この行動が徐々にエスカレート。酒好きの小泉と堤はノリノリで、人目もはばからず「濃厚接触」を重ね始めたという。番組関係者が明かす。

「二次会以降も酒が進み、そこでも和気あいあいとしたムードに包まれていましたね。堤は初回放送前の番宣の席で小泉のことを『かわいいんですよ。まんまですよ。(アイドルの頃と)変わらない』とベタぼめでしたし、雑誌のインタビューでも、『(小泉演じる鬼嫁がウソ泣きするシーンでは)ウソとわかっていても、いとおしくてチュ~しそうになりました』と笑っていました。堤は酒が進むとエロオヤジまる出しの軽いキャラ。キョンキョンはそんな堤と幾度となく抱き合っては、『チュッ!』とやっていました」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
安室奈美恵を引退に至らしめた6年前の「カネがらみトラブル」!
2
吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的!
3
爆死!実写版「ジョジョ」は公開前から酷評も“怖いもの見たさ”に賭けていた
4
江角マキコの落書きどおり?長嶋一茂が放った一言に共演者が凍りついた!
5
水着姿で汗だく! 元AKB永尾まりや「火照り姿」にファン大興奮