芸能

有村姉妹VS広瀬姉妹「魅惑の演技・ボディ」ガチンコ対決!(3)広瀬アリスの艶技成長が著しい?

 それでも少なからず“代償”もあったようだ。

「交際が報じられた直後は、成田が住む三軒茶屋の周辺ですずが目撃されていましたが、今は会っていないようです。もともとイケメン好きの“肉食”として知られていたが、スキャンダルで事務所に注意されてからは、“禁欲”生活を継続中。フレンドリーな性格なので共演者とも気軽に連絡先を交換しますが、誰に教えたかまで、事務所に報告しているそうです」(スポーツ紙記者)

 私生活はさておき、16年公開の映画「怒り」(東宝)では、壮絶なシーンに挑戦して演技の評価を上げた。沖縄の離島で暮らす女子高生(すず)が本島に出かけた日の夜、人気のない公園で2人の米兵に襲われる。そして下着は乱暴に破かれ、抵抗むなしく「挿入」されてしまうのだ。秋本氏はこう振り返る。

「迫真の演技力には圧倒されましたね。イメージ映像でごまかすことも多い場面ですが、悲鳴ではなく、横顔の表情でつらい場面を表現していたのです。同年代の女優ではマネできない体当たり演技でした」

 これまですずの陰に隠れがちだった姉のアリスにも目下、仕事依頼が殺到している。1月には映画「新宿スワンII」(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)で、ヒロインのキャバクラ嬢役を熱演。セクシードレス姿でボリュームのある胸の谷間とナマ脚を披露した。

「過去には下着モデルとして活躍していたこともあり、作品で肌を露出する場面があっても、ヌードでなければ断らないようです」(映画関係者)

「エロス解禁」のアリスは、同じく1月に上演された初舞台「世界」でデリヘル嬢役にも挑んでいる。物語の全編で「本番」などの隠語を口にしたり、「簡単にフェラチオくらいしとく?」「3Pなの?」と過激発言もバンバン飛び出した。

「舞台上でセリフをかんでしまって言い直したのですが、それもかんでしまった。それでも動揺することなく、堂々と演技を続けたのには驚きました」(舞台関係者)

 前出・秋本氏も女優としてのアリスをこう評価する。

「ぽってりとした唇に派手な顔だちが魅力。ドイツの名女優、ナスターシャ・キンスキー(56)を彷彿とさせるスケールの大きさを感じさせます」

 仕事が軌道に乗ったことで、私生活にも余裕が出てきているようだ。2月にはプロバスケットボール選手の田中大貴(25)との交際が報じられた。

「以前はすずのことばかり聞かれて、『すずの姉』として扱われると不機嫌になっていましたが、今は質問されても笑顔で答えています」(前出・映画関係者)

 美人姉妹の「絶頂」対決は、ヌキつヌカレつのデッドヒートが続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    2017アサ芸プラス人気記事ベスト5⇒1「マッチ『愚か』な発言」に圧勝の後輩

    95590

    徳間書店が運営するニュースサイト「アサ芸プラス」。先の人気記事第10位⇒第6位に引き続き、2017年の人気記事トップ5を公開します!5位:近藤真彦、国分太一にまくし立てた「パワハラ結婚論」に大ブーメラン!国分太一がMCを務める情報番組「ビビ…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが最新「ヘソ&胸」見えショットを公開!それでもファンが憂うワケ
2
酒気帯び運転逮捕!広瀬アリス・すず姉妹の兄の「オタク&武闘派」素顔
3
ここでエキサイト? フジ秋元優里、“不貞愛”舞台の竹林が「観光名所化」危機
4
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
5
これはピンチか!?尼神インター誠子に「最近可愛くなってる」の声続々