芸能

キムタク主演映画苦戦!コミック実写映画を成功させてきたワーナーの「誤算」

 木村拓哉主演の映画「無限の住人」が興行的に苦戦している。原作漫画の連載が5年前に終わっていることも含め、苦戦の要因はさまざまに考えられるが、これまで人気コミックの実写映画化に積極的だった製作・配給のワーナー・ブラザースの近年の動向を見ると、この傾向は今作に限ったことではない。

 ワーナー・ブラザースは06年の「デスノート」2部作で合わせて80億円を超える興行収入を上げ、コミックの実写作品の大作化を推し進めるとともに、その後も「るろうに剣心」(12年・14年)の3部作で合計120億円を超えるメガヒットを記録するなどプロジェクトを成功させてきた。ところが昨年は「テラフォーマーズ」が7億9000万円、「デスノート」シリーズの新作「デスノート Light up the NEW world」が22億円の興行収入で、失敗とは言えないまでも、かつてのシリーズと比べると新たなムーブメントを起こすまでのヒットにはならなかった。苦戦の予兆はすでにあったといえるのだ。

「ワーナー・ブラザースとしては海外でも人気の高い原作をチョイスして世界に売れる作品を目指し、それなりに製作費をかけた実写作品を定番化させていく戦略の一環だったはずですが、その歯車がここに来て狂い始めているようです。視覚効果をふんだんに使った映画の場合、現在の日本では監督・スタッフとも同じ顔ぶれが多く、作風に新鮮さが感じられないことも不振の一因と思われます。今後も8月に山崎賢人主演の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』をはじめ、小栗旬主演の『銀魂』、年末には山田涼介主演の『鋼の錬金術師』と話題の作品が続きますが、これらがある程度の成功を収めないと、少年・青年コミックの実写化そのものを見直さなければならなくなるでしょう」(映画ライター)

 ワーナー・ブラザースと人気コミックの実写映画化にとって正念場を迎えることになりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみ、「新幹線のファーストクラス」移動に鉄道ファンがキョーレツ羨望!
2
二階堂ふみの前で絶対に名前を出してはならない共演NG女優とは?
3
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
4
櫻井翔キャスター、平昌入りで現地日本選手団スタッフに最警戒されるワケ
5
さんまや友近からも公開フルボッコ!テレビ金沢・馬場ももこの壮絶「嫌われ力」