芸能

フジテレビこそ“迷惑フレンズ”だ!他局の人気アニメに便乗でファンが激怒

 人気凋落のフジテレビがまたまたやってくれた。人気アニメの「けものフレンズ」に便乗してファンからの怒りを招いたというのである。5月15日に放送された「痛快TVスカッとジャパン」での1シーンについてアニメに詳しいライターが指摘する。

「スーパーでの迷惑客を取り上げたコーナーで突然、同アニメの主題歌である『ようこそジャパリパークへ』が流れだしたのです。すると画面には同曲の歌詞をもじったテロップが現われ、さらには『迷惑フレンズ』という単語まで飛び出す始末。もちろん番組の内容と『けものフレンズ』には何の関係もなく、しかも迷惑客というネガティブなイメージに重ねてきたのには呆れましたね」

 同コーナーでは曲名をもじった「ようこそクレームパークへ」というテロップが登場。曲冒頭の「今日もドッタンバッタン大騒ぎ」という歌詞を「迷惑客でどったんばったん大騒ぎ」と言いかえるなど、タチの悪いパクリが続いた。しまいには「迷惑フレンズをスカッと成敗」と締めたのだから、一体どちらが迷惑なのかとファンが激怒するのも当然だろう。

「しかも自局のアニメをネタにするならともかく、同作品はテレビ東京系ですから、他局に便乗したあげくに迷惑をかけた形に。ファンからは『作品が汚された』という反発のほか、『視聴率欲しさにすりよってきたのか』とフジテレビをさげすむ声も飛び出す有様です」(前出・ライター)

 まさかフジテレビ側は「けものですもの 大目に見ててね」(同主題歌の歌詞)と言って逃げるつもりだろうか。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
2
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情
3
戸田恵梨香、伝説の「黒歴史ダンス」が土屋太鳳に蒸し返された!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!