社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「健康維持のためのウオーキング“速度アップ=リスク高”だと自覚せよ!」

 暑い日が続きます。サラリーマンなら、朝の通勤時間帯は駅まで急ぐ人も少なくありません。夏バテ防止のためにも、今の時期はできるかぎり時間に余裕を持ちたいものです。

 さて、今週は「歩き方」について考えてみましょう。ウオーキングは健康維持にベストな方法ですが、速く歩くのとゆっくり歩くのとでは、どちらがより健康的でしょうか。

 速歩やインターバル歩行など、スポーツ的な歩き方は体力の増進につながります。しかし無理して速く歩いた結果、転んでケガをするようでは本末転倒です。

 遅く歩けば体力増進の度合いは小さいものの、ケガの確率は小さくなります。健康のために歩く場合、長く続けることが肝心で、そう考えると「ゆっくり歩くほうが健康的」と言えます。

 冒頭で申したとおり、人は通勤時に速く歩き、休日にはゆっくりと歩く人が多いと言えます。これは、通勤時は頭がオンになっており、休日はオフになっているからです。そう考えると「速く歩いている時はリラックスしていない」状況となります。

 忙しい人が速く歩くのはしかたない面もありますが、歩く速度が速いほど事故の確率を高めます。若いサラリーマンでも速歩きでケガをすることがあるのですから、高齢者となればなおさらオススメできません。

 また、同じウオーキングでも「健康のためのウオーキング」と「運動のためのウオーキング」があります。

 最近は、腕を大きく振って歩くエクササイズウオーキングがはやっています。これは通常のウオーキングより歩幅を広く取り、歩行時のキック力を高めることで運動負荷を高めます。多くはダイエット目的であり、歩いているうちに息が上がり無酸素状態となります。

 これは、医者の立場として、最もオススメできないスポーツであるランニングの領域に近づいてきます。

 そもそもランニング自体、中毒性があり、長時間走り続けると気分が高揚して多幸感に包まれます。いわゆるランニングハイです。その結果、雨の中や寒い中で走り続けてしまい、突然死のリスクを高めます。

 以前もお話ししましたが、運動には有酸素運動と無酸素運動があります。有酸素運動とは、文字どおり「酸素を必要とする運動」で、体内に取り込んだ酸素により糖質や脂肪を燃焼させてエネルギーに変えます。ウオーキングやジョギング、ランニング、サイクリング、水泳などは有酸素運動で、いずれも下半身を使うため老化防止にも役立ちます。

 一方、無酸素運動とは「酸素を必要としない運動」で、100メートルダッシュのように瞬間的には呼吸をしない状況が生まれます。つまり、速く歩くほど無酸素運動に近づき、健康維持の目的から外れてしまうのです。

 以上を踏まえると、健康的な歩き方とは「会話ができるぐらいの速度でゆっくり歩く」こととなります。景観のいい場所や歴史的な街を、散歩するような感覚でゆっくり歩きましょう。その際、友人と一緒に歩けばコミュニケーションが取れ、ストレスが解消できるなど一石三鳥となります。

 歩く速度の目安としては時速2~4キロほどが健康的で、6キロとなるとエクササイズに近くなります。ちなみに「駅から徒歩1分」といった不動産表示は約80~85メートルとなりますが、この速さは平均的な徒歩の速度です。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年“メタボ”おやじからカッコイイ上司へ変わる食習慣とは?「酵素」の消化活性力に注目!

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
乃木坂46西野七瀬「恋愛ドラマ」の共演俳優に乃木坂ファンが一斉警告したワケ
2
「先輩」田中みな実も仰天!?青学準ミスに“自作自演”疑惑浮上で非難の嵐
3
梅宮アンナ「子供がしまむら服ならイジメに遭う」発言に批判殺到
4
くわばたりえ「スタバ店員は自意識過剰」発言に批判殺到!黒歴史も掘り返される!?
5
やっぱりすごい!藤原紀香、胸がパンパンすぎてドレスの柄が目に入らない!?