スポーツ

夏の甲子園で一度だけ「東京都勢同士」が「初戦」で対戦したことがある!

 現在、夏の甲子園大会での組み合わせ抽選はフリー抽選となっているが、かつては初戦で近県同士の対戦を避けるための東西対抗形式が取られていた。そしてこの東西対抗形式が導入されるきっかけとなったのではと思われる対戦カードがあった。それが77年第59回大会の第1回戦で激突することになった早稲田実(東東京=現在は西東京)と桜美林(西東京)の東京都対決である。

 ともに初戦となった2回戦から登場。互いに手の内を知り尽くしているだけに序盤は出方を探っている感じで試合の流れも淡々としたものだった。3回表に早実が1点を先制すると6回裏に桜美林が追いつき、1‐1で終盤戦に突入したが、結局は地力で勝る早実が8回表に3点を入れ、4‐1で快勝。桜美林は前年夏の優勝校だったが、同じ東京都勢の早実にV2を阻まれた形となった。

 そしてこの東京都勢同士の初戦対決が影響したのか、翌年以降は初戦の組み合わせ抽選をあらかじめ東西に分けてから行い、近県同士が初戦からぶつからないような配慮がなされたのである。この形式は78年の第60回の記念大会から06年の第88回大会まで29年間続けられることに。ちなみに東京勢同士の対戦はこの試合以前には春の選抜で1度、そしてこの試合以後にも夏の選手権で2度。計4回実現している。しかも春の選抜は72年第44回大会の決勝戦だった。日大桜丘と日大三という日大系列対決となり、5‐0で日大桜丘が快勝。日大三は前年の春の選抜覇者だったが、兄弟校に史上2度目となる春の連覇を阻まれる結果となった。

 夏は95年第77回大会の準々決勝で帝京(東東京)と創価(西東京)が激突。8‐3で勝利した帝京が、結果的にこの大会を制し、2度目の夏の優勝を飾っている。この15年後の10年第92回大会では関東一(東東京)と早実(西東京)が3回戦で対戦。10‐6で関東一が勝利している。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
2
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情
3
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
4
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
5
戸田恵梨香、伝説の「黒歴史ダンス」が土屋太鳳に蒸し返された!