スポーツ

夏の甲子園では北海道勢同士の対戦がたった一度だけ実現している!

 夏の甲子園では、たった1度だけ北海道勢同士の対決が実現している。94年第76回大会の2回戦。南北海道代表の北海と、北北海道代表の砂川北(現・砂川)の顔合わせだった。

 北海道勢同士の対決となったこの一戦は、先制点を巡る攻防が互いの明暗を分ける形となる。北海は1回裏の攻撃でボール球を見極め、まず、押し出しで先制。さらに2アウトからもエラー絡みで追加点を挙げ、1安打3四球で3点と効率のいい攻めで試合の主導権を握った。対する砂川北は1回表に先頭バッターの二塁打と暴投でノーアウト三塁という絶好の先制のチャンスを迎えたが、北海のエース・岡崎のカーブに大振りして後続が連続三振を喫し、得点できなかった。

 その後もボール打ちが目立ち、結局1得点止まり。かたや北海打線は2回裏にも中軸が3連打するなど2点を追加。3回裏にも1点を加えるなど打線が活躍して10‐1で北海が砂川北に圧勝した。

 ちなみに北海道勢対決を制した北海はこの大会で、北海道勢として夏では32年ぶりとなるベスト8進出を果たしている(32年前にあたる62年第44回大会のベスト8も北海であった)。なお、甲子園では春の選抜における北海道勢同士の対戦はいまだに実現しておらず、この北海対砂川北の一戦が現段階での最初で最後の甲子園北海道勢対決となっている。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    こんなに簡単?薄毛治療、堅実に選ぶなら自毛植毛だった!

    Sponsored
    87215

    男の30代といえばまさに働き盛りで、エネルギッシュで、野心を抱きまくり! 自分も含めて、そんな男の1人や2人、あなたの周りにもいますよね。とはいえ、仕事やプライベートなどでの環境の変化があるのもこの頃。自信過剰ぎみなあの人もこの人もあっちの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ショック!あの元アイドルが「大人の男性向け派遣サービス店」で窃盗していた
2
エッ、稀勢の里!?BABYMETAL人気メンバーに噴出した「激太り」疑惑
3
フジ永島優美と熱愛発覚の同局社員に局内から「でかした!」の声が出るワケ
4
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
5
日馬富士が飲んだ「貴乃花潰し」密約全容(3)貴ノ岩は全力士を敵に回した