社会

「理想の男は松重豊」の“枯れ専女子”をも幻滅させるオヤジ的行動とは

 世は「枯れ専」ブーム。同世代の草食男に物足りなさを感じて、20歳以上も上のおじさんに惹かれる若い女性が増えているらしい。芸能界でも松重豊、吉田鋼太郎らオジサマ俳優が大人気だ。といっても、大人の男の色っぽさとオヤジっぽさはまったくの別物。では、オヤジとオジサマの違いはどこにあるのか? というわけで「身近な男にオヤジを感じた瞬間」について20代~30代未婚女性を対象にアンケート調査したところ、待ってましたとばかりに返ってきたオヤジバッシングの雨あられ。

 最も多かったのが飲食店で出てくるおしぼりにまつわる話。「おしぼりが出てくると、わざわざメガネを外してまで顔を拭くのがイヤ」(オペレーター・26歳)、「タイプの上司だったのに、首を拭く姿を見て幻滅した」(事務・23歳)などなど、おしぼり扱いは大変リスキーな“物件”であることがわかった。

 居酒屋での行為にも厳しいツッコミが。「店員を必ず 『おにいちゃん』『おねえちゃん』って呼ぶ」(事務・27歳)、「飲み会でバイト店員をイジる」(会社員・28歳)、「ダジャレを連発し、隣の席の知らない人と仲良くなっちゃう」(公務員・30歳)。フレンドリーなつもりかも知れないけど、一緒にいる人は恥ずかしがっているようだ。

 ほかにもオヤジっぽい習性や仕草に以下のような多数のチェックが入った。

・小指の爪だけ伸ばしている

・コーヒーを飲む時にズズーッと鳴らす

・自在にツバを吐く。所構わずカーッってする

・やたら声がデカい

・ご飯を食べた後の楊枝を店に置いていかず、路上でも使用

・ディ、ティを発音できない。「デズニーランド」

・タバコを吸った後にむせる。なのに吸い続ける

・話の8割が自慢。誰かの話を横取りしてでも自慢

・応援している野球チームの勝敗で気分が変わる。勝ってゴキゲンなのも鬱陶しい

 余計なお世話!とも言いたくなるが、指摘にあったことをちょっと気にすれば、女性社員のあなたを見る目も変わる…かも?

(西郡真美子)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
2
有森也実「99.9」ゲスト登場に視聴者が「これ誰?」と一斉にキョトン!
3
櫻井翔キャスター、平昌入りで現地日本選手団スタッフに最警戒されるワケ
4
嵐・大野智、関ジャニ村上とは違う意味で原宿女子に評価された「お笑い力」
5
競馬界 新3大「遺恨対立」の叩き合い攻防!(1)蛯名正義×M・デムーロ