社会

私は「地獄のタイ刑務所」からこうして生還した!(3)刑務所に収容されていた囚人の罪状

 収容されている囚人の罪状は多種多彩で、

「殺人罪で服役していた囚人の中には金で殺しを請け負うプロの殺し屋もいて、彼は保釈された2カ月後、再び事件を起こして舞い戻ったと聞いています。また、友達になったロシア人は銀行強盗。警備員を殺害して終身刑を受けていました」

 他にも、教え子に性的暴行をした罪で30年の刑を受けた元中学教師。自分の寺で児童養護施設の子供を何人も性的な暴力をふるったという僧侶もいたというが、

「この男の刑期は30年ほどでしたが、それでも信者がいるらしく、しょっちゅうバスで面会に来ていて。信者から差し入れがあり、面会が終わると刑務官がタカリに来ていましたね」

 タイでは不敬罪で服役する囚人も多い。

「王室を非常に大切にしているため、その権威を傷つける行為には重い罰が与えられます。服役していたのは王族の水着写真を外部に流した男で、毎日、空き地に穴を掘らされ、それを埋め直すという作業を繰り返させられていました。完全に嫌がらせです。不敬罪は1件で最高15年なので、きっと2、3件の罪を抱えていたのでしょう」

 そして服役者の半分が終身刑以上のこの刑務所ではやりたい放題で、規律などあってないに等しかった。

 ロッカールームには常設のギャンブル場まで設置されており、サッカーやタイボクシングに始まり、サイコロ賭博、麻雀、トランプ、宝くじのナンバーズなど、何でもありだ。金の貸し借りを巡るトラブルも多く、

「毎日どこかでケンカが始まりますが、金さえ払えば料理包丁やナイフも買えるため、小競り合いがすぐ殺傷ざたになる。韓国人受刑者同士でケンカになり、一人がナイフで相手の喉を切り裂いても、囚人たちは大して騒がなかった。それぐらい日常茶飯事でした」

 所内では麻薬が普通に売買され、おおっぴらにヘロインを吸引するジャンキーも多かったという。

「麻薬を密売している囚人がモメ事を起こして刑務官に連れていかれたことがありましたが、事情聴取の最中、密売グループの仲間数十人が刑務官の事務所を襲撃したんですね。で、事務所に立てこもり、最後は刑務官に制圧されて騒動がようやく収まった」

 さらに、タイといえば、有名なのがニューハーフ。刑務所内にも多かった。

「“彼女たち”は5番ビルの中心に収容されていたんですが、新年やソンクラン(旧正月)になると、元歌手やダンサーの囚人が一座を組んで各収容所を巡業して回るんです。バンクワンでは金さえ持っていれば何でもできるので、ニューハーフを囲っている金持ちの囚人もいた。その男は雑居房の一部をビニールシートで仕切り、個室にして暮らしていました」

 当然のごとく刑務所内で売春するレディボーイも多く、彼らが「ちょんの間」として使っていたのがゴミを置く倉庫で、

「聞いたところ、1発500バーツ(1500円)で尻をレンタルしていたという話です(笑)」

 まさにやりたい放題の“無法状態”だった──。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼、イケメンデザイナーとの「密着写真」公開にファンが大ダメージ!
2
「地方なめんな!」の声まで…浜崎あゆみ、ライブ短縮・中止続発でファン困惑
3
Hey!Say!JUMP「紅白」初出場決定にファンが喜べぬ理由は有村架純!
4
森且行との“合体”で元SMAP勢が五輪ビジネスで「古巣」を打ち負かす!?
5
決めポーズと視線がハマりすぎ!すみれ「元ヤン疑惑」を元暴走族男性が徹底解説