スポーツ

デムーロ&柴田善臣「暴力騎乗」事件(2)検量室に戻るやバケツを蹴った

 デムーロがエルボーを繰り出した約5時間後、新潟でも事件が起きた。

 新潟10R、芝1600メートルで行われた「古町特別」のゴール前は、8頭が横一線となる大激戦。その追い比べで、4着に入線した3番ナンヨーアミーコ(7番人気)に騎乗していた柴田善臣(51)が“暴力騎乗”で柴田大知(40)を激怒させたという。スポーツ紙記者が解説する。

「JRAの発表では『最後の直線で十分な間隔がないのに先行馬を追い抜いたことについて過怠金5万円』というのが善臣さんに対しての制裁でした。被害馬の6番ペルソナリテ(6番人気・11着)に騎乗していた大知は検量室に戻るや、近くに置いてあったバケツを蹴り飛ばすなど、怒りを爆発させていました。それぐらい体当たりが悪質だったということでしょう」

 JRAのパトロールビデオで確認すると、残り500メートルあたりから激しい攻防が始まった。後方で機をうかがっていた善臣が、大知の内側から一気に抜きにかかる。それに気づいた大知が、内を締めにかかっているようにも見えなくもないが‥‥。

「善臣さんとしては、わずかなすき間でも、あのタイミングを逃すわけにはいかなかったんでしょうね。馬体をぶつけながら強引に割り込んで、肩と肘まで使って進路を確保。2~3秒の激しい攻防の末、最後はペルソナリテが外側にふっ飛ばされてしまった」(前出・スポーツ紙記者)

 後日、当日の攻防について被害馬の馬主、ラフィアンのクラブ関係者は、「あれはラフプレーだろう」と話していたという。

 専門紙記者が明かす。

「かなりご立腹でしたね。『一番の問題は直線でスピードが乗っている場面ということ。パトロールビデオを見れば一目瞭然だけど、善臣が馬上から体を預けるような体勢で、まるでサッカーのショルダーチャージのような突き放し方をしているし、肘も当たっている。デムーロの肘打ちも悪質だけど、今回の過怠金5万円は甘すぎるでしょう』と、まくしたてていました」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    2017アサ芸プラス人気記事ベスト5⇒1「マッチ『愚か』な発言」に圧勝の後輩

    95590

    徳間書店が運営するニュースサイト「アサ芸プラス」。先の人気記事第10位⇒第6位に引き続き、2017年の人気記事トップ5を公開します!5位:近藤真彦、国分太一にまくし立てた「パワハラ結婚論」に大ブーメラン!国分太一がMCを務める情報番組「ビビ…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
2
人気モデル・宮本彩菜、人気ラッパーとの超過激「ベッド動画」漏洩の大波紋!
3
逆にグッジョブ! 乃木坂46生田絵梨花「格付けチェック」誤答連発に絶賛の声
4
キムタク赤っ恥!断トツ爆死「さんタク」が明石家さんまの黒歴史になる!
5
ここでエキサイト? フジ秋元優里、“不貞愛”舞台の竹林が「観光名所化」危機