特集

真木よう子が「惨敗ドラマ」舞台裏で見せた鬼素顔!

Sponsored

 真木よう子(34)の主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)の最終回が9月7日にオンエアされ、視聴率は4.3%。最後まで低空飛行から抜け出せず、真木をはじめ、長谷川京子や吉瀬美智子といった豪華キャストでヒットを狙った“もくろみ”はみごとに外れた形となった。

「真木さんのドラマへの思い入れは強かったですね。みずからのツイッターに土下座する動画を公開するなど、話題作りに余念がありませんでした」(芸能記者)

 だが、フタを開けてみれば、視聴率は4%台をウロウロ。一時は3%台にまで落ち込んだ。ドラマ関係者が明かす。

「かなり予算をかけたので、フジ上層部は2ケタは狙えると目論んでいたのですが、4%を切るとは、さすがに予想ができなかったほどの惨敗ぶり。当初は全10話の予定が、9話でラストを迎えることになりました。現場では誰も口にしませんが、ようするに打ち切りということです」

 ドラマは、予定よりも早い9月1日にクランクアップを迎えた。

「現場はかなりピリピリした雰囲気でした。この最終話に限らず、ロケのスケジュールが前日になって変更になるなど、何かとバタバタしていて、真木さんも『どうなってんの?』と疑問を口にすることもあったようです。いつ“鬼”に変身するか、現場スタッフは常にヒヤヒヤだったと聞いています」(前出・ドラマ関係者)

 撮影最終日、そんなわだかまりなどなかったように、振る舞う真木の姿があった。

「撮影が終わると、真木さんは『やっと終わった~!』と、喜びを爆発させていました。伊藤歩さんとハグして、他の共演者たちと記念写真を撮っていました」(ドラマスタッフ)

 9月12日発売の「週刊アサヒ芸能」では、そんなドラマ現場の舞台裏に肉薄。「撮影ドタキャン事件」「ツイッター炎上騒動」を始め、何かとトラブル続きの真木の知られざる素顔をレポート。ファン必読の特集になっている。

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
安室奈美恵を引退に至らしめた6年前の「カネがらみトラブル」!
3
吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的!
4
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
5
嵐・二宮和也が明かした自分に一生付いて回る「根深い悩み」とは?