エンタメ

「目が腫れてるよ」「昨日と同じ服?」…デリカシーのない男の失言に注意喚起!

 何の気なしに口走った軽口が、想像以上の怒りを買ってしまうケース…それは「デリカシーがない」と判断された場合だ。失言が命取りになる昨今、男性の思っている「これを言ったら怒られる」のストライクゾーンに比べると、女性の思う「デリカシーなさすぎ!」のストライクゾーンは相当に広いと心得よ。

 20代~30代女性に「デリカシーがないと思った男性の腹立つ言葉」を聞いてみると、意外なほどに些細な言葉が俎上に載せられる。

 まずは「容姿」について。これはもはや、「何も言わない」が最適解と思えるほどに、デリカシーの地雷原と言えそうだ。

「朝、時間がなくて手抜き化粧をしちゃった時、『目が腫れてる』と言われ腹が立った。わざわざ言わなくてよくないか?」(26歳・広告)

「前髪をそろえただけで、いちいち『おっ』と反応してくる男性社員。ニヤけていて何か言いたげなのがまた腹立つ」(33歳・商社)

 服装についても、第一印象でモノを言うのは慎みたい。

「お泊りをして出社して『昨日と同じ服着てない?』と言われた時は恥ずかしかった。『すいません』としか言えなかったけど、何で大きな声で言ったのかと後々、ムカついてきた」(29歳・販売)

「着ている服装を女優の『誰々っぽい』みたいに、必ず有名人を引き合いに出してくる男がいる。芸能人に寄せてると言いたいのか、オリジナリティがないといいたいのか、それを見抜いたとでもいいたいのか」(28歳・出版)

 こちらとしては「セーフ」のほうを選んだつもりだったプライベートな話題も、ストライクゾーンは人それぞれ。

「話の流れで『え、彼氏いたんだ』と言われたことがある。男日照りだと決めつけていたようだけど、何を根拠に、と腹が立ってきた」(30歳・商社)

「『彼氏いなかったの?』と言われ、その理由を『出不精』とか『偏食』とか、勝手に分析。余計なお世話」(27歳・販売)

 彼氏の話題は自分から話すまでは禁句、ということのようだ。

 さて、いざ、これらの地雷を踏んでしまった際、どのように挽回すればいいのだろうか?

「『男って…』とか『日本人って…』みたいに、個人的な感想をさも一般論のように言われると、よけいに腹が立つ」(29歳・出版)

 という言い分はごもっとも。髪型や服装、メイクなどで「しくじった!」ということに気がつけば、即座に「オレはちょうどいいと思うけど」などと付け加えれば、九死に一生を得ることが可能かも知れない。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「先輩」田中みな実も仰天!?青学準ミスに“自作自演”疑惑浮上で非難の嵐
2
藤原紀香、ミス・インターナショナル大会で各国代表を総「公開処刑」した!
3
乃木坂46西野七瀬「恋愛ドラマ」の共演俳優に乃木坂ファンが一斉警告したワケ
4
梅宮アンナ「子供がしまむら服ならイジメに遭う」発言に批判殺到
5
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!