スポーツ

元若嶋津「深刻病状」と高田みづえ「芸能界復帰」急転(1)昏睡状態にいたった理由とは?

 元大関・若嶋津の二所ノ関親方(60)が路上で倒れ、一時は「意識不明の重体」と報じられた。現役時代は「南海の黒豹」の異名で人気を博し、現在は相撲協会で審判部長の要職に就く。突然の出来事に、九州場所を控えた角界だけでなく、芸能界にも動揺が広がっているという。

「どんな相手でも四つに組めば豪快な吊りもあり、他の人気力士にはない華がありました。84年の七月場所で全勝優勝を飾り、綱とりがかかった次の場所では、終盤まで優勝争いに絡んだものの、結果は多賀竜の平幕優勝に終わりました。その場所は蔵前国技館で開催された最後の場所。一時代を象徴する名力士でした」(角界関係者)

 87年の引退後は親方として後進の指導にあたり、

「真面目で誠実な人柄で、相撲協会内での人望も厚かった」(前出・角界関係者)

 そんな二所ノ関親方が、千葉県船橋市内の路上から病院に搬送されたのは10月19日の夕方だった。

「その日、親方は部屋近くの入浴施設で体調不良を訴えました。にもかかわらず、自転車で部屋に帰ろうとして転倒。倒れているところを発見されました。サウナを出てからそこに至るまで、何度も転倒したそうです」(スポーツ紙記者)

 実際にサウナから発見現場までの道のりを歩くと、道路に面した畑の中に、二所ノ関親方の転倒跡と思われる大きなくぼみが確認できた。

 脳挫傷と診断された当日、約4時間半に及ぶ開頭手術が行われたが、いまだ昏睡状態が続いている(※10月27日時点)。

 脳神経外科「山本クリニック」の山本博昭医師は、救急救命センターの勤務経験を踏まえてこう話す。

「脳神経外科的な見地に立てば、『なぜ転倒したのか』という、頭部外傷前の状況を考えることが重要です。角界で要職をこなす親方は、体力もおありで、足元がフラつく年齢ではないと思うのですが‥‥」

 山本医師によれば、転倒する以前から、歩行障害や意識障害を引き起こす、「転倒しやすい病態」が脳にあった可能性があるという。もっと早くに、脳に異変を感じた時点で助けを求めていれば、現在の「深刻病状」とは違う結果になっていたかもしれない。二所ノ関親方は雨の中で何度も転倒し、泥だらけになりながら家路を進み続けた。

「二所ノ関親方は『土俵の鬼』と言われた初代若乃花の愛弟子で、二子山部屋の猛稽古に耐え抜いて大関になった。『あの稽古に比べれば、なんのこれしき』という思いもあったのでしょう。持ち前の我慢強さが災いしたのかもしれません」(相撲評論家・中澤潔氏)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    2017アサ芸プラス人気記事ベスト5⇒1「マッチ『愚か』な発言」に圧勝の後輩

    95590

    徳間書店が運営するニュースサイト「アサ芸プラス」。先の人気記事第10位⇒第6位に引き続き、2017年の人気記事トップ5を公開します!5位:近藤真彦、国分太一にまくし立てた「パワハラ結婚論」に大ブーメラン!国分太一がMCを務める情報番組「ビビ…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、兄逮捕で3年前の「無邪気な発言」が蒸し返されるワケ
2
酒気帯び運転逮捕!広瀬アリス・すず姉妹の兄の「オタク&武闘派」素顔
3
本田翼「自分を無視した女優」告白で取りざたされた“後輩”の実名!
4
芦田愛菜は学校生活で好感度上昇!?「美女&イケメン化」に成功した元子役3人
5
浜崎あゆみが最新「ヘソ&胸」見えショットを公開!それでもファンが憂うワケ