芸能

「何でこういうことするの!」遠野なぎこ「生放送でマジ切れ」の一部始終!

 遠野なぎこが11月6日放送の生放送バラエティ番組「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、自身をイジるような悪意ある編集だとして激怒する一幕があった。

 この日の番組では、おじさんを1時間千円ほどで借りられる「おじさんレンタル」に続き、20~50代の女性をお金を払ってレンタルすることができる「おばさんレンタル」なるサービスが取り上げられた。性的サービスは禁止で一緒に買い物を行ったり、人生の悩みを聞いてもらったりできるということだが、これに遠野は否定的な意見を持っているようで、持論を展開していた。

 ここまではよかったのだが、番組では街中の一般人に「今レンタルするならおじさんと、おばさんのどっちをレンタルしたいか」というアンケートを取った結果と、そのアンケートVTRの模様を放送した時のこと。VTRに登場した若い男性看護師は、職場が女性ばかりで、女性とうまくかかわれるよう、おばさんに学びたいという理由でおばさんをレンタルしたいと回答したが、このインタビュー映像にはある加工が施されており、遠野が激怒したのだ。男性は「職場で突然怒ってくるおばさんとかいるので、おばさんが突然キレるメカニズムを教えて欲しい」と答えたのだが、そのコメントをしている間に、VTRではインタビュー映像にモノクロ加工された遠野の写真を一時的にインサートする編集を施されていたのだ。

「普段、遠野が怒っているイメージが強いということもあって、コメントにピッタリと判断して、遊び心で遠野の写真を挿入したのですが、これが共演者にウケ、スタジオでは笑いが起こっていました。ただ、当の本人である遠野は『何これ!? 何でこういうことするの』と、鬼の形相でブチ切れ。VTR終了後も怒りが収まらない遠野はスタジオトーク中も『(スタッフの中で)誰か私のこと大嫌いな人がいるんだよ』と、ネタで怒っているとも思えないような雰囲気になりました。でも、番組に共演した武井壮も、同様のインタビュー映像で『もし武井をレンタル可能でも断る』と話す一般人が登場していましたけど、軽めなリアクションで流してましたから、あそこまでキレるとはスタッフも思ってなかったでしょう」(エンタメ誌ライター)

 ネット上では「いやいや、そういうところだろ、遠野さん」「本当にジョークが通用しないから怖いよな」「むしろ、しっくりきたし、ナイス編集だろ! 編集スタッフは有能だな」「絶対、遠野はレンタルしたくないな」と、遠野が叩かれてしまう結果となってしまった。

 きっと相談者の男性看護師も、こういうジョークが通用しないおばさんに悩まされているのでは?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(1)羽生結弦をめぐる狂騒曲
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
4
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
5
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”