エンタメ

人気漫画「はじめの一歩」が衝撃展開!まさかの連載終了か!?

 週刊少年マガジンで連載中のボクシング漫画「はじめの一歩」の展開が壮絶すぎるとして、漫画ファンの注目を集めている。同漫画はいじめられっ子の幕之内一歩が、プロボクサーと出会ってみずからもボクシングを始め、世界チャンピオンを目指すという物語。現在は一歩とフィリピン人のアントニオ・ゲバラの試合が描かれていた。

「一歩は前のアルフレド・ゴンザレス戦で敗戦を喫しており、今回は復帰戦となります。試合の前は相手が噛ませ犬であるかのように描かれていたため、読者は一歩の完勝を期待していました。ところが、11月22日発売号でまさかのTKO負けしてしまいました」(漫画誌ライター)

 続く、11月29日発売号ではパンチドランカーであることを一歩が認める描写があったため、今後ボクサーを続けるのは難しい状況になってしまった。もし引退となれば、永遠のライバルである宮田一郎と試合をしないまま漫画が終わってしまう可能性がある。

「『一歩』は少年誌の漫画らしい『努力すれば願いが叶う』というタイプの作品です。それが宮田と対戦しないとなれば、漫画として成り立たなくなってしまう。例えるなら『あしたのジョー』で矢吹丈が力石徹と試合をせずに終わるようなもの。ファンが騒然となるのもわかります」(前出・漫画誌ライター)

 さらに11月22日号の終わりのページにある、作者の森川ジョージ氏のコメントが混乱に拍車をかけた。森川氏は「やり返す イコウフジカワ 覚えとけ」と恨みを告白するかのようなコメントをつづったのだ。この「イコウ」と「フジカワ」は少年マガジンの関係者のようだ。ある漫画誌編集者によると、

「少年マガジンは1人の作家に2人の編集者が担当としてつきます。森川先生が名前を上げた2人が担当者だということは十分考えられる。先生と担当編集者の間で何らかのトラブルがあり、怒った森川先生が連載を無理やり終了しようとしているのかもしれませんね」

 というのだ。ツイッターの「はじめの一歩担当」アカウントはこの騒ぎを受けて「今後も、続きますよ…!」とツイートしているのだが…。今後の一歩から目が離せないことだけは確かだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
ラストアイドルの初ワンマンに「若いアイドルに見せるな!」との声が出るワケ
3
メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(1)羽生結弦をめぐる狂騒曲
4
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
5
小泉今日子「52歳の爛熟ボディ」に迫る!(1)酔うと潤んだ目でジッと見る