スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「体調一変フラットレーが勝つ」

 中央競馬のフィナーレは、有馬記念ではなくなった。17年からホープフルSが掉尾を飾ることになり、同時にGI戦に格上げとなった。

 先の朝日杯FSが2歳戦の総決算との位置づけに替わり、いわばその王者決定戦の趣になったのに対し、GIに昇格した以上、文字どおり18年のクラシック戦線をにぎわすであろう各厩舎期待の逸材が集まっての力比べの一戦。注目度は増すばかりである。

 過去10年を振り返ってみても、このレースの勝ち馬からロジユニヴァース(ダービー)、ヴィクトワールピサ(皐月賞)、エピファネイア(菊花賞)、ワンアンドオンリー(ダービー)、レイデオロ(ダービー)と5頭ものクラシック馬が出ている。

 2着馬の中にもゴールドシップ(皐月賞、菊花賞)がいて、17年はどの馬がその候補として大きく浮上するか、興味は尽きない。

 それかあらぬか、馬単導入後の過去15年、その馬単で万馬券になったのは2回(馬連1回)のみ。1、2番人気馬がともに連対を外したのも2回。評価どおり、力ある馬が勝ち負けするレースと言ってよさそうだ。

 それにしても、いずれの馬も高い能力の持ち主で目移りする。悩むところだが、最も期待を寄せてみたいのは、フラットレーだ。

 前走は1番人気を裏切っての5着。特別、強い馬が相手ではなかっただけに、これで評価が下がったなら好都合だ。その前走は泥田のような不良馬場。一息入って馬体に余裕があっただけに、やむをえない結果だった。それでも大きく負けたわけではない。勝ち馬とコンマ4秒差だったのだから巻き返しは可能だ。

 前走後は放牧でリフレッシュ。すぐにもここ目標に乗りだしており、調教量は豊富。そのかいあって、前2走とは比べものにならないほど引き締まった体になり、たくましくもなっている。

「全体的に緩さがなくなり、体のラインがよくなった。馬も走る気になったのか、このところの雰囲気が実にいい」

 藤沢和調教師はこう言って目を細めるほどで、体調は一変していると見てよさそうだ。

 姉にバウンスシャッセ(中山牝馬Sなど重賞3勝)がいて、キングパーシャン(GIフィーニクスS)など、近親、一族に活躍馬が多い良血。先に行く馬が多い中、この馬の身上は強烈な末脚。良馬場条件に大きく狙ってみたい。

 逆転候補はナスノシンフォニー。紅一点で、この馬も末脚が武器。勝負強い点も魅力だ。

 中山金杯ブラックバゴに期待。前走アンドロメダSは、3角手前から果敢にまくってストロングタイタンの追撃を楽々と振り切っての勝利。ここにきて本格化してきたことを示した。

 この中間もいたって順調で稽古の動きは文句なし。ハンデは前走から1キロ増の55キロだろう。右回りはスムーズで2000メートルの距離はベスト。道悪もうまく、頭から狙い撃ちといきたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    2017アサ芸プラス人気記事ベスト5⇒1「マッチ『愚か』な発言」に圧勝の後輩

    95590

    徳間書店が運営するニュースサイト「アサ芸プラス」。先の人気記事第10位⇒第6位に引き続き、2017年の人気記事トップ5を公開します!5位:近藤真彦、国分太一にまくし立てた「パワハラ結婚論」に大ブーメラン!国分太一がMCを務める情報番組「ビビ…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、兄逮捕で3年前の「無邪気な発言」が蒸し返されるワケ
2
「車内」「軋む音」…フジ秋元優里の騒動で蘇るFカップ女優“伝説の不貞”
3
「オトコ対立」女優の最新「共演NGリスト」(1)宮崎あおいと蒼井優が犬猿の仲になったワケ
4
本田翼「自分を無視した女優」告白で取りざたされた“後輩”の実名!
5
芦田愛菜は学校生活で好感度上昇!?「美女&イケメン化」に成功した元子役3人