女子アナ

あの「局内不貞」テレ朝・田中萌が今年再ブレイクする「これだけの兆し」

 2017年末に発表された第14回「好きな女性ランキング」(ORICON NEWS)では、日本テレビの水卜麻美アナが5年連続でトップに輝き、その人気の高さを改めて印象付けた。

「女子アナの人気は視聴率に直結します。『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)から水卜アナは『スッキリ』(同)に異動しましたが、水卜アナの出演初日から視聴率は上昇し“水卜効果”ともいわれました」(テレビ誌記者)

 テレビ局としては人気アナを育てたいところだが、ランキングのトップ10を見ると、テレビ朝日は大下容子アナの1人、TBSに至ってはゼロだ。

「しかし産休・育休に入ってはしまいますが、TBSには吉田明世アナが看板アナとして育ってきていますし、育休中の加藤シルビアと林みなほの両アナが復帰すれば、活躍が大いに期待できます。心配なのはテレ朝です。情報番組からバラエティまで幅広くこなせるベテランの大下容子アナが3位に入りましたが、局としては若手や中堅の中から“ポスト大下アナ”が台頭してくることを待ち望んでいるはずです」(前出・テレビ誌記者)

 テレ朝の中堅どころのエースといえば、竹内由恵アナ。順当に行けば真の看板アナに育ちそうだが、17年9月6日発売の「週刊ポスト」は竹内の座を脅かすのが田中萌アナではないかと報じた。要約すると、竹内はプロバスケットボールの田臥勇太との熱愛が報じられ、結婚・引退の可能性が出てきた。田中アナは16年12月に同僚アナとの不貞が明るみに出たが、3カ月間の自宅謹慎の後、夜のバラエティ番組「バクモン学園」で復帰。不貞騒動明けにもかかわらず、艶ネタもお構いなしの対応に器の大きさを感じさせたという。

 謹慎前は情報番組「グッド!モーニング」でサブキャスターを務めており、アナウンス力にも定評があった。そのうえ夜のバラエティもこなせるとあれば、「ポスト大下アナ」も夢ではないかもしれない。そのうえ、バックも強力だという。

「17年1月に発売された『週刊ポスト』では、田中はテレ朝会長から寵愛されているため、不貞騒動後の復帰も早かったと報じられています。上層部がバックにいる田中は今後、そうした層からの“推し”もあって、活躍の幅が広がってくる可能性があります」(前出・テレビ誌記者)

 今年末のランキングトップ10は、田中がダークホース的な存在になるかもしれない!?

(石田英明)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    2017アサ芸プラス人気記事ベスト5⇒1「マッチ『愚か』な発言」に圧勝の後輩

    95590

    徳間書店が運営するニュースサイト「アサ芸プラス」。先の人気記事第10位⇒第6位に引き続き、2017年の人気記事トップ5を公開します!5位:近藤真彦、国分太一にまくし立てた「パワハラ結婚論」に大ブーメラン!国分太一がMCを務める情報番組「ビビ…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、兄逮捕で3年前の「無邪気な発言」が蒸し返されるワケ
2
「車内」「軋む音」…フジ秋元優里の騒動で蘇るFカップ女優“伝説の不貞”
3
「オトコ対立」女優の最新「共演NGリスト」(1)宮崎あおいと蒼井優が犬猿の仲になったワケ
4
本田翼「自分を無視した女優」告白で取りざたされた“後輩”の実名!
5
芦田愛菜は学校生活で好感度上昇!?「美女&イケメン化」に成功した元子役3人