スポーツ

平昌五輪フィギュアスケート団体戦・男子の低調は本当に「朝のせい」なのか?

 2月9日、平昌五輪にてフィギュアスケート団体戦・男子のSPが行なわれた。ソチ五輪から始まった団体戦は、10カ国が男女シングルのショートプログラム、ペア、ダンスの4種目で予選を戦い、上位5カ国が決勝でフリープログラムを演じて競う。出場する選手はSP、FSと違えても、一緒でも構わないというルールで、得点ではなく順位で争われる。個人戦に向けての前哨戦の意味合いもあり、誰がどんな得点を取るかも注目となる。

 そんな団体戦、男子のSPでちょっとした異変が起きたという。

「宇野昌磨選手が1位となりましたが、金メダル候補の1人と目されていたアメリカのネイサン・チェン選手がジャンプでの失敗を重ね、4位となったのです。その他にもOARのミハイル・コリヤダ選手は何度も転び、パトリック・チャン選手もトリプルアクセルで失敗するなど、出場10人中5人が転倒するという波乱含みの展開でした。100点超えは宇野選手1人で、あとは90点以下という圧倒的な点差でしたが、その原因を開催時間のせいだとする声が出ているのです」(スポーツライター)

 今回の平昌五輪では、放映権の関係で人気競技は欧米の時差に合わせて競技時間を設定している。そのため、午前中の試合という珍しい開催となったためだというのだ。だが、それに異論を唱える人もいる。

「朝で体がまだ本調子になれないというのはもちろん理由としてないわけではありません。けれども、多くの選手が世界中から来て、時差の調整をしていることを思うと、朝だからというのは説得力がありませんね」(スポーツ紙記者)

 確かに、女子の試合では男子のような転倒続出という事態にならなかったことを思うと、朝のせいにするのはいささか無理があると言えよう。個人戦では、選手全員が万全の体調で勝負できることを祈るばかりだ。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
ラストアイドルの初ワンマンに「若いアイドルに見せるな!」との声が出るワケ
3
メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(1)羽生結弦をめぐる狂騒曲
4
小泉今日子「52歳の爛熟ボディ」に迫る!(1)酔うと潤んだ目でジッと見る
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?