ギャグ

エンタメ

「バルで外国人と仲良くなれる」国民性ジョークで知るグローバルスタンダード!

都市部を中心に、各地で「気がつきゃここにもバルが」という状況。そして、夕方には外国人が1、2人楽しそうに飲んでいたりする。彼らは陽気に話しかけてきたりするが、いかんせん「とりあえず笑っとけ」、「なんか絡まれてるような気がしてしまう」というサ…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
芸能

「じゅん散歩」好調の秘密は高田純次「失笑ギャグ」投入のテンポだった!

9月12日、高田純次がMCを務める散歩番組「じゅん散歩」(テレビ朝日系)が、6.7%(ビデオリサーチ調べ)の高視聴率だったことがわかった。この日、高田は、横田基地がある東京・福生をブラブラ。米兵行きつけのピザ店や、プライベートの相談にも乗る…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

明石家さんまがギャグをパクった!?「パーデンネン」を生み出した芸人は?

還暦を過ぎてもなお、好感度アンケートで常に上位をキープしている明石家さんま。芸人としても男としても、現役感を失わないのが、魅力の一つだろう。しかし、笑いに厳しいはずのさんまにパクリ疑惑があるのをご存知か。エンタメ系雑誌の記者に話を聞いた。「…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |

エンタメ

20代女子にビンビン響く!今こそ「団塊ギャグ」再評価の機運

「枯れ専ブーム」にも乗り切れない悲しき団塊ジュニア世代諸兄! 我々と同じような加齢臭を漂わせながらも、ひと世代上の50代オヤジがモテる理由は「くたびれた色香」に他ならない。市川紗椰と付き合っているフジテレビの野島卓アナなど、その典型だろう。…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
芸能

ザ・ドリフターズ「土曜夜8時にお茶の間を沸かせた名フレーズ10選」

73年に最高平均視聴率50.5%を記録したお化け番組「8時だョ!全員集合」(TBS系)。国民の半数以上が釘づけとなっていたのは、ザ・ドリフターズの面々が繰り出すギャグの数々だった。*冒頭のアンケートでも、ドリフのギャグの多くが上位にランクイ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , |
芸能

二代目・林家三平「“どうもスイマセン”はブランドマーク」

「こうやったら笑ってください」。昭和の爆笑王と呼ばれた初代・林家三平がゲンコツを額に当てるだけで、我々は暗示にかかったかのように笑った。そして、あのセリフが飛び出すと、今度は大爆笑したものだ。そう、「どうもスイマセン」である。二代目・林家三…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

小松政夫「86のギャグ」の秘密をおせーて!

「おせーて、おせーて」、「ワリーネ、ワリーネ、ワリーネ・デートリッヒ」、「アンタはエライ」‥‥。昭和を代表するコメディアン、小松政夫(71)が世に送り出したギャグは数多い。その量産を可能にした秘訣を本人に尋ねると、意外な答えが返ってきたのだ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , |
エンタメ

「平成ギャグ」は生き残れるか!?

昭和のギャグを振り返る一方で、平成のギャグに「国民的」と呼べるものがなかなか見当たらない。「だっちゅーの!」「そんなの関係ねえ!」「ヒーハー」──。どれも「そんなギャグもあったな」ぐらいの感想しかなく、現時点ですでに埋もれている。昨年、ブレ…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , , , , |
芸能

抱腹絶倒「伝説の昭和ギャグ」オヨヨな誕生秘話

ラジオ、映画からテレビへと娯楽の主役が移ろっても、人々が求めるものは変わらなかった。そう、常に“笑い”を欲していたのだ。腹を抱えて笑わせてくれた、あの「昭和ギャグ」が生み落とされた瞬間に本誌が迫る!国民の誰もが知って…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , , |
エンタメ

赤塚不二夫「娘が語る“シェー”誕生の瞬間」

多くの芸人を押しのけ、本誌アンケートで堂々の3位に輝いたのが「シェー」である。言わずと知れたマンガ「おそ松くん」に登場するイヤミが発するギャグだ。文字にすれば、たった3文字のフレーズが、これほど長く人々の記憶に残っている背景には、原作者の赤…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , , , |