斉藤由貴

芸能

斉藤由貴VS大竹しのぶ「時ならぬ天然バトル」で結局“勝利”したのは?

これぞ「天然バトル」といったところか。2月8日に東京都内で行われた「第60回ブルーリボン賞」授賞式でかねてより「天然タイプ」と言われている大竹しのぶと斉藤由貴による“時ならぬバトル”が繰り広げられた。昨年公開の映画「三度目の殺人」で助演女優…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

斉藤由貴、ブルーリボン賞受賞に「リボンよりアンダーウエア!」の大反響

1月24日、「第60回ブルーリボン賞」が発表され、主演男優賞の阿部サダヲ、主演女優賞の新垣結衣などが名を連ねた。注目は、助演女優賞を受賞した斉藤由貴。みずから「今のタイミング? みたいなことですかね」とコメントし、昨年報じられた主治医との不…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

2018年「今、日本で一番色香あふれる女優」は誰だ!(4)<50代&60代の爛熟>藤吉久美子は別の意味で注目

戦後、女は強くなったと言われるが、さらに平成に入って例えれば「女はいつまでも若くなった」であろう。孫がいてもおかしくない年齢でも、死ぬまでオンナであり続けるがごとく。昨年末のワイドショーをにぎわせたのは、太川陽介の妻である藤吉久美子(56)…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |

芸能

斉藤由貴 あの騒動から吹っ切れた「焼け太り」生活

「17年8月発売の『週刊文春』で医師との不貞が報じられて以降、周囲に『消えていなくなりたい‥‥』と漏らし、みずから仕事を断っていた斉藤由貴(51)ですが、出演映画の舞台挨拶に顔を出すなど、本格復帰は近いでしょうね」(芸能記者)そんな斉藤の近…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

発表!2017アサ芸プラス「ゲス不貞記事」ベスト10(2)

2017年、ますます多くの有名人の不貞が発覚し、世間を騒がせた。暴走した妻にYouTubeでバイアグラを飲んでいたことまで、ついでにバラされるという変わったケースの船越英一郎や、不貞報道ブームじゃなかったらお蔵入りになっていたであろう、テレ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

有名男女、ドロドロ不貞騒動の「言い訳」で振り返る2017年

2017年は、毎月のように芸能人の「不貞報道」が追加されるという、さながら「ブーム全盛期」と振り返りたくなるような1年だった。その最後を締めくくったと言えそうなのは、2年連続(2016年2月の演歌歌手・紫艶とは別人)での発覚となった桂文枝。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

「現代用語の“黒”知識」2017裏流行語大賞(2)夫・船越英一郎を完膚なきまでに叩いた松居一代

芸能界でも猛女たちがところ狭しと猛ハッスルして大暴れ。中でも異彩を放ったのが、夫船越英一郎(57)を完膚なきまでに罵り倒した松居一代(60)だろう。松居の一方的な誹謗中傷はワイドショーで連日取り上げられた。「かつてドリンク剤のCMで『5時か…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

NHK大河、斉藤由貴の代役が“何の因果か”南野陽子で「安直すぎ!」の声

不貞騒動で降板した斉藤由貴に代わって、大河ドラマ「西郷どん」(NHK)に南野陽子を起用することをNHKが10月18日に発表した。南野は篤姫の教育係を務めた幾島を演じる。これに年配の男性から批判の声が上がっている。「安直すぎる」というのがその…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

芸能界「やりすぎ事件」のタブー真相(5)芸能レポーター対談「石川敏男×平野早苗」

熱愛、結婚、別れ、そして不貞謝罪と、芸能人カップルの浮き沈みを間近で見てきた芸能レポーター。ベテラン2人の軽妙トークで、テレビには映らない騒動男女の素顔をあぶりだす。平野石川さんは雑誌の記者時代を含めると、ずいぶん長くこの世界でお仕事をされ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

傑作ドラマ「壮絶死の名場面」真相(5)大西結花が語る「スケバン刑事III」の最期

斉藤由貴、南野陽子に続く「スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇」(86~87年、フジテレビ系)。特に視聴者の胸を打ったのが、最終回の一つ前の回だった。そのタイトルは「結花、由真の最期」。風間三姉妹の長女・結花を演じた大西結花(49)に“真相”…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

NHKドラマ出演直前でも抑止不能!?斉藤由貴ら3俳優の「欲望の後始末」

「斉藤さんの女優生命が完全に絶たれましたね」と語るのはある放送関係者だ。「スキャンダルを起こしたことで番組側から『降りてくれ』と言われることは往々にしてありますが、みずから降板を申し入れたのは異例です。おそらくこのまま芸能人としてもフェード…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

「CM全社降板」斉藤由貴が学ぶべき元グラドルYの30年前の“しくじり”

斉藤由貴が先日、携帯電話など出演CMをすべてみずから降板、さらには大河ドラマ「西郷どん」の出演も辞退。今後は最悪の場合、引退に進んでいく模様だという。だが、その前に彼女にぜひ学んでほしい「しくじり先生」がいる。それが80年代にグラドルとして…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

斉藤由貴NHK大河出演辞退が飛び火しかねない「あの大物俳優」!

9月21日、来年1月スタートの大河ドラマ「西郷どん」(NHK)に出演予定だった斉藤由貴が出演を辞退したことが明らかになった。前日の20日には、斉藤のゲスト出演が予定されていた10月5日放送の「ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~」(NHK・…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

あの美女たちの「まさかの艶シーン」大全(3)<唸った珠玉の8篇>夏目雅子がNHKドラマ「ザ・商社」で…

数ある“まさか”の中でも、好事家の胸をときめかせるほどの意外作とは? 美女たちの艶シーン研究の第一人者である松井修氏が、特にしびれたシーンを振り返る。まず真っ先に頭に浮かんだのは、夏目雅子です。松本清張原作、和田勉演出の「ザ・商社」(80年…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |