石黒麻利子

社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(4)裁判をやらないほうが得!?

なぜ病院側の弁護士は裁判に誘導したがるのか。そこに医療裁判の難しさがあるという。「ご存じのように、裁判で白黒の判断を下すのは裁判官です。でも裁判官は真実や真相を解明する立場にはない。患者側が過失と因果関係を証明する責任を負い、証明できなけれ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(3)ケンカ腰にあおる病院弁護士

医療ミスを避けるためには、こういった医師のいない病院を選ぶしかないが、参考になるのが、病院や医師の治療実績。そして、病院の雰囲気や看護師の態度である。「施設が古くても患者に優しい雰囲気のいい病院がある一方、建物は立派だけど、患者を大切にして…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(2)一度も患者と目を合わせない

「当然、患者さんの家族は『回復するんじゃないか』と誤解します。でも、医師の言った『大丈夫』の意味は、『とりあえず蘇生した』という意味。そのため患者さんが亡くなった時、家族は『医療事故だ』と認識してしまうんです」(石黒氏)こうした医師のコミュ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |

社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(1)医療事故は過去最多の件数に

大学病院をはじめとした医療機関による医療事故があとを絶たない。昨年9月には水戸市の水戸済生会総合病院で、拡張型心筋症の手術を受けた茨城県内の女性患者(69)が10倍の量の痛み止め薬を投与され、そのあとに死亡していたことが判明。病院は医療ミス…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |