認知症

社会

あん肝、いくらが認知症予防になる?米国で興味深い報告が!

65歳以上の3人に1人が認知症とその予備軍と言われている(2015年1月、厚生労働省発表)。その予防として、あん肝やいくらに注目が集まっているという。江田クリニック・江田正院長が解説する。「いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「歯みがき」こそもっとも簡単な超絶健康法だった!(3)自分の口臭はこうしてわかる

日本人の平均年齢は1960年の28.5歳から、2010年で44.6歳となった。「国立社会保障・人口問題研究所」の平均年齢推移では、2036年にはついに50歳を超えることが予想されている。高齢化社会はしばらく続くことは確実で、問題になるのは「…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「認知症予防には手作業が効果アリ。クイズや新聞の投書でも活性化!」

「同居の母親に認知症の傾向が出てきました。3人の孫のうち2人の名前を忘れてしまったり、同じ話を何度も繰り返したりします。今はまだ元気ですが、80歳を超えており心配でなりません。認知症を予防したいのですが、いい方法がありましたらご教授ください…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |

社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「認知症予防に有効なトレーニング。報酬期待が高まると脳は活性化する」

先日、元宮崎県知事の東国原英夫さんがテレビで母親の介護の実態を話していました。88歳のお母さんが認知症になり、「介護されるなら死んだほうがましだ」と叫びながら暴れる母の手足を縛ったこともある、と告白していました。58歳になる東国原英夫さんが…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「“モノが覚えられない”は認知症と関連なし。不要な情報は「断捨離」でリフレッシュせよ」

皆さんは老いを感じる瞬間はどんな時でしょうか? 例えば、これまでスタスタと上がっていた階段で息切れした時や、尿のキレが悪くなった時など、体の衰えや異変から年齢を意識する人は多いでしょう。その一方で「昨日のランチは何食べたっけなあ」とモノ忘れ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
事件

埼玉・小川町「認知症妻殺害事件」容疑者が「15日間食事拒否」で死亡にいたった謎

一昔前の事件報道では「××容疑者は出された食事を残さず食べている」といった記述がよく使われた。いかにも反省の色がない印象を与える表現だが、犯罪者であっても腹が減るのは当然で、責められるいわれはない。一方で、出された食事を拒否し続け、起訴され…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , , |
芸能

酒の影響がこんな形で!?デヴィ夫人、嗅覚検査でわかった“脳の問題”とは?

歯に衣着せぬ物言いで76歳の今もバラエティ番組などでも活躍を続けるデヴィ夫人。2月6日放送の生活情報番組「サタデープラス」(TBS系)では、そんなデヴィ夫人に認知症検診を受けてもらうという大胆な企画が行われた。「認知症専門医を訪れ、簡易診断…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
社会

予備軍入れて800万人…認知症にならないのはどっち?究極の鉄則11項目!「脳を使う競馬は効果的?」

気分転換と実益を兼ねて、【9】ギャンブルをするなら「競馬」か「宝くじ」か?「ギャンブルというのはお金をかけるリスクによって緊張感が生まれて、それが『損をしたくない』『できれば勝ちたい』という意欲につながる。軽度のものであればストレスは脳を程…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

予備軍入れて800万人…認知症にならないのはどっち?究極の鉄則11項目!「ジョギングは控えめの方が良い」

晩酌と睡眠で英気を養い、いざ明日の仕事へ。【5】認知症になるリスクが少ないのは「営業職」と「事務職」のどっち?「例えば数字の計算だけを行うような事務系の仕事は単純作業が多いため、どうしても想像力を発揮する機会が少ない。営業であれば、あらゆる…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

予備軍入れて800万人…認知症にならないのはどっち?究極の鉄則11項目!「睡眠中の脳は運動している」

家族や友人のみならず、自分のこともわからなくなり、生活にも大きな支障を来す──。誰もがそうなる危険性を秘める認知症。健康な人生を全うするために、ふだんの生活でできることはあるのか。専門家が「脳活性化の秘策」をズバッと14選抜!予備軍も含め、…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
芸能

夫・砂川啓介が語る”大山のぶ代”認知症介護3年「介護は”人間的な接触”の実践が必要」

砂川、大山夫妻と親交がある世田谷井上病院の井上毅一理事長は、認知症には2種類あると言う。「大山さんのようにおとなしい患者さんとは別に、攻撃的な人もいる。私の知っている患者さんは私が挨拶をするたび、『自分は後期高齢者、挨拶のしかたが足りない』…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

夫・砂川啓介が語る”大山のぶ代”認知症介護3年「姉から娘に変わったなという思い」

さらにイライラ現場の描写は続く。〈数分前に薬を飲んだばかりだというのに、それを覚えていないことがあった。(中略)「ほら、ペコ、今日はもう飲んだでしょ」「飲んでないわ」〉「ぺコ」とは、大山の愛称である。〈おそらく、彼女は5分前といった、ほんの…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

夫・砂川啓介が語る”大山のぶ代”認知症介護3年「介護生活を公表したきっかけ」

あの「ドラえもん」が認知症になっていた──。5分前の出来事すら記憶から消える妻・大山のぶ代との生活。その「介護日記」をもとに出版した著書が大反響を呼んでいる。世間に公表することで肩の荷が下りたという夫・砂川啓介が、介護の苦労から心構えまでを…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
エンタメ

爆笑必至“認知症ドキュメント映画「徘徊 ママリン87歳の夏」”初公開の真意

〈家出回数:1388回 徘徊時間:1730時間 徘徊距離:1844km お世話になった交番・警察署:31カ所〉認知症を患った87歳の母親と、介護する娘の日常に密着した映画「徘徊 ママリン87歳の夏」(オリオフィルムズ)。この作品の最後に登場…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
12