週刊アサヒ芸能 2012年 8/30号

スポーツ

体操 田中理恵 「カメラマン」に対抗した仰天措置 「恥骨テーピング」で激写封じしていた

田中理恵(25)を撮影するために、多くのカメラマンがロンドンへと渡った。狙いは下品にも彼女の股間。しかし露骨な刺客たちに対し、大会随一の美女アスリートは対策を講じていたようなのである。これまでも田中の股間は狙われ続けてきた。スポーツ紙デスク…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
スポーツ

男子柔道篠原信一監督 史上初の屈辱「金ゼロ」に「辞めろ」コール 「平岡・海老沼のメダル表彰式も見ずに帰った」

日本勢のメダルラッシュに沸いたロンドン大会において、男子柔道は屈辱の「金メダルゼロ」に終わった。こうした苦境にこそ団結が求められるが、選手たちからは監督への不信感が噴出するばかり‥‥。60キロ級で平岡拓晃(27)、73キロ級で中矢力(23)…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
社会

自衛隊VS韓国軍 「竹島戦争」完全シミュレーション(4)

竹島を巡る「密約」があった自衛隊が竹島を奪還する能力は十分にあることはわかったが、その後の韓国軍の猛反撃に耐えることはできるのだろうか。前出・世良氏は言う。「そうなれば、自衛隊の戦力を日本海側に結集させなくてはならない。韓国も北朝鮮という敵…

カテゴリー: 社会 | タグ: |

スポーツ

女子柔道 松本薫 金メダルを奪取した「野獣ファイト」の原点 ハクビシンへの餌やりでスピードを習得した

大不振の柔道で唯一の金メダルを獲得した女子57キロ級の松本薫(24)。彗星のごとく現れた救世主の特異なファイトスタイルをマスコミは「野獣」「野性」と報じたが、原点はそう称されるにふさわしいモノにあった。スポーツ紙五輪担当記者はこう話す。「彼…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
スポーツ

ハンマー投げ室伏広治 IOC選手委員「当選無効」騒動の舞台裏 「違反行為」を橋本聖子副団長が“後押し”

2大会ぶりのメダル獲得を果たし、IOCの選手委員選挙でも当選。有終の美を飾ったはずの室伏広治(37)を襲った「当選無効」騒動だが、なんと身内から足を引っ張られた可能性が指摘されているのである。2020年の東京五輪招致に向け、日本人の選手委員…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
芸能

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(4)「松尾羊一×碓井広義」ご意見番対談「男は名取裕子のような上司を求めてる」(松尾)「石田ゆり子は役柄からエロスが漂う」(碓井)

熟女優の魅力は何か!? その魅力を最も引き出せる舞台、役柄は何か!? 松尾羊一氏と碓井広義氏のテレビ批評のベテランが論じ合う─。*松尾数多くの熟女優が活躍するのが、1話完結の2時間ドラマ。仕事を終えたオヤジさんたちが帰宅して、9時頃から酒を…

カテゴリー: 芸能 | タグ: |
社会

池上彰 そうだったのか「10年後ニッポン」(後)(4)

天災から身を守る先人の知恵──他に地震や津波などの天災も気になるところです。まぁ、地震が来ることは間違いないですよ。でも、いつ来るかは今の技術では予測することができません。10年後に首都直下で起きる可能性はかなりありますが、いつ起こるかは正…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

自衛隊VS韓国軍 「竹島戦争」完全シミュレーション(3)

自衛隊が空と海を制する!いや、わざわざ竹島での局地戦を行う必要すらないかもしれない。軍事評論家の加藤健二郎氏はこう話す。「現代の戦争は陸海空全ての兵器を連動して運用することが鍵となります。そういう意味でも、総合的な戦力は日本のほうが有利でし…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
芸能

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(3)トップ女優インタビュー 2時間ドラマの新エース床嶋佳子「高視聴率の秘訣」は〝和服萌え” 「バレエで鍛えた体から色気が出ているの」

今や“2時間ドラマ界の次世代エース!”とも呼ばれ、各テレビ局の高視聴率ドラマに軒並み出演しているのが正統派美人女優・床嶋佳子(47)。サスペンスのヒロインのみならず、犯人役でもいぶし銀の存在感を放つ秘訣はどこにあるの…

カテゴリー: 芸能 | タグ: |
スポーツ

サッカー永井謙佑 「芝の上で20メートル」だったらボルトより速い! 欧州リーグ獲得熱望で「第二の香川」になれる

「日本の11番はとても速かった。スペースを使われた」─サッカー男子1次リーグで優勝候補とされながら日本に敗れたスペインのミリャ監督は、こうコメントして脱帽した。背番号11をつけていたのは、50メートル5秒8の足を持つ永井謙佑(23)である。…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
スポーツ

バドミントン潮田玲子「敗戦後に号泣」で家族に恨み節をブチまけた「マスコミと協会に言いたいことがあるのよ」

恋人への熱い“公開ラブレター”が話題を呼んだ潮田玲子(28)だが、いざ肝心の試合になるや早々に敗退。その直後、少々穏やかではない本音をブチまけていたのである。8月1日、潮田は池田信太郎(31)とのペアで臨んだ混合ダブ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
社会

大阪・飛田新地「遊女の真実」(前)(3)「欲求不満妻」が親方を誘惑…

飛田にやって来る女の子の目的は当然、お金。ところが、それだけではない子もいる。ほとんどの女の子たちは客と接していても、「仕事だから一切、気持ちよくない」と言う。しかし中には「誰でもいいからしたい」という子もマレにいるのだと。「『客やったら気…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

池上彰 そうだったのか「10年後ニッポン」(後)(3)

自分の臓器は自分で賄う──10年後の私たちの暮らしはどうなりますか?例えば、医療分野で今、世界が注目しているものにiPS細胞というのがあります。これによって医療が大きく進展するというのは間違いないでしょうね。──それはどういったものでしょう…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
エンタメ

死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑩遠山奬志(元阪神)松井秀喜を手玉に取った「左キラー」の生き様!(4)

ホームランを打たれて終戦そんな遠山と松井の戦いも02年7月5日、東京ドームで放った松井秀喜のホームランで幕を引く。ホームランを打たれた時は、さっぱりしたものです。豪快なホームランでしたから、気持ちよかったんです。翌年には彼、メジャーに移って…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |
123