事件

乃木坂46白石麻衣を脅迫して逮捕された「トップオタ」の“歪んだ動機”

 アイドルに対する愛情は時として間違った方向にいってしまう?

 乃木坂46の白石麻衣をインターネット上で脅迫した疑いで勝又大希容疑者(25)が逮捕された。勝又容疑者はツイッターで、白石に対し〈殺すのは俺の十八番口癖や居場所教えろ、とっ捕まえて絞めたいので〉などと、15年末から18年5月にかけて少なくとも6回にわたって書き込みをして、脅迫するなどをした疑いが持たれている。

 また、他のメンバーの自宅の住所などをツイッターに書き込み、所属事務所に警備を強化させて業務を妨害した疑いもあるということで、おそらくこちらで一発アウトという判定になったのだろう。

「乃木坂の中でも1,2を争う人気メンバーである白石を脅迫した勝又容疑者ですが、ファン界隈の話を聞くと、熱心に白石を応援していたTO(トップオタ)と呼ばれるほどの有名なオタクであったそうです。そのため、その白石に向けられた好意がどのタイミングで殺意にかわってしまったのかは分かりませんが、好きすぎるがゆえに白石に納得のいかないところがあったのかもしれません。デビュー当時だとお金を積めば、1人で何枚も握手券を所有でき、メンバーと長時間会話ができましたが、すっかり人気が出てしまった現在だとお金をいくら出したとしても1人のファンが大量の握手券をゲットすることは事実上不可能。特に多忙な白石の場合は参加する握手会イベントも他のメンバーより少なく調整されていましたし、なかなか交流ができなかったことが暴走につながったのでは?」(アイドル誌ライター)

 このように白石のようなアイドルグループの人気メンバーがファンのSNSでの書き込みに苦しめられることは、実は珍しいことではない。

「4月24日放送のバラエティ番組『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)では、HKT48の指原莉乃が熱狂的ファンから脅迫を受けた実体験を披露しています。指原によれば、バラエティ番組出演が増えるにつれ、アイドルらしからぬ艶ネタ発言が増えたことにその熱狂的なファンはブチ切れ。最終的には『お前、何するかわかんねえからな!このままだったらどうなるかわかんないぞ』と脅迫してきたとのこと。そこで指原はそのファンがどういった人物なのかを知るため、そのファンのツイッターをのぞいてみると、なんとそのファンはツイッターのプロフィール写真に指原の自宅の写真を設定していたというから驚き。そこで指原も身の危険を感じて、警察に相談する運びとなったそうだ。さすがにメンバーの自宅を知っていることがわかると、今までの脅しも一気に現実味を帯びてくるため、遊び半分では済まされない」(前出・アイドル誌ライター)

 アイドルの応援活動も一定の距離感を保って遊ぶことが一番だろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋