政治

政界転身「出馬タレント候補」を独占公開(3)本田圭佑も政界進出に意欲的?

 また女性キャスターのみならず、女子アナに政界入りを勧める動きも、ここ数年の傾向となっている。

「実は今、自民党内部で『女子アナ獲得プロジェクト』が進んでいるんですよ。というのも、その前例となっているのが、自民党ではテレビ朝日のアナウンサー出身である丸川珠代議員。議会で“女ヤジ将軍”として大活躍している現状から、『もっと女子アナ出身の議員を増やしたらどうか』との声が高まっている。そうした背景から、実際に女子アナをスカウトする党内のチームが各局の女子アナを入念にリサーチ。親しいテレビ局関係者を通じ、政界転身オファーを出しているんですよ」(政界関係者)

 中でも積極的に獲得を目指しているのが、同性にも嫌われないベテランアナだという。

「特に熱心なアプローチを受けているのはフジの佐々木恭子アナ(45)、テレ朝の大下容子アナ(48)、元TBSの渡辺真理(51)。いずれも即戦力として喉から手が出るほど欲しい人材とのことです。今のところ、最も脈アリなのが渡辺アナとのことで、今後の動向が気になるところです。以前はフジの秋元優里アナ(34)も報道番組でキャスターをこなした実績から“獲得候補”だったようなのですが、今年1月の『竹林不貞報道』以降、完全にノーマークになったみたいですね」(政界関係者)

 政治家にとって異性とのスキャンダルは、女子アナ以上にNGなのであった。

 元TBSアナで小林麻央の姉として知られる小林麻耶(38)にも、政界から熱視線が送られている。民放局関係者が明かす。

「今年の春、民放の有名プロデューサーを通して、来年の参院選への出馬オファーが送られたと聞きました。彼女は以前から献血推進プロジェクトに携わっている関係で政治家との接点が多く、出馬オファーは初めてではないようです。最近、彼女自身が『やりがいのある仕事に打ち込みたい』と口癖のように言っていて、政治家になれば、妹を失った乳ガンの予防啓発運動も大きく進めることができる。オファーに応える可能性は十分あると思います」

 みずから政界進出への意欲を表している“大物”を忘れてはならない。サッカーワールドカップで大躍進の立て役者となった本田圭佑(32)だ。

 本田に近い、スポーツマネージメント会社関係者が語る。

「本田はプレーヤーとして活躍する一方で、サッカークラブの運営を行うなどビジネスに力を入れているのですが、実は政治にもなみなみならぬ意欲を漏らしているんですよ」

 W杯後には電撃引退も噂されるだけに、その注目度もハンパない。「日本代表としてワールドカップで優勝する」と語るなど、常に上を目指すサッカーのスタイルと同様、政治でも頂点を目指しているという。この関係者がさらに言う。

「彼は少子高齢化や貧困層の増加など日本が抱える問題にものすごく興味を持っていて、3年前、ACミランに在籍していた頃は、『サッカーを引退したら総理大臣になる』と公言していました。彼が安倍総理や菅義偉官房長官に会った際には、直接『政治で頂点に立つにはどうしたらいいか』と質問したといいますし、有言実行の男らしく、本気で総理大臣になろうと考えていたのでしょう。最近はビジネスの話ばかりで政治の話は減りましたが、今でも、『総理大臣になりたい』と心に秘めていると思いますよ」

 かくも熾烈な候補者争いから抜け出すのは、誰なのだろうか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
平手友梨奈主演「響 -HIBIKI-」大ヒットは逃すも酷評が驚くほど少ないワケ