スポーツ

何やっとんねん阪神「育てられないから獲ってくる」

 西岡、福留と続いて最後のお荷物補強なのが、オリックスからFA移籍した日高剛(35)である。メジャー脱落組ではないが、年齢は福留と同じ。お世辞にも脂の乗った選手とは呼べない。しかもオリックスでは岡田前監督に捕手として失格のレッテルを貼られて練習すらさせてもらえなかったうえにDH扱いされた、これまた“ポンコツ”選手。いったいどんな意図があるのか。

 その大きな要因としてあげられるのが、正捕手を自前で育てられない歴史である。85 年の日本一メンバーだった木戸克彦(元GM補佐)以降、生え抜きは山田勝彦(現阪神バッテリーコーチ)ぐらいなもので、矢野燿大(現野球評論家)も城島健司も移籍組だった。

 今季は小宮山慎二(27)、今成亮太(25)、藤井彰人(36)の3人で回していたが、今成はシーズン途中に日本ハムから加入、ベテランの藤井も昨年、楽天からFA移籍してきた選手だ。「今成はよかったが、小宮山が打席の面で不調が続いた。いくら捕手というポジションでも、藤井も若くはない。そこでスーパーサブとして日高の起用を考えたのでしょう」(安達氏)

 小宮山の他にも中谷将大(19)などが控えているのに、またしても育成を阻むヨソ者捕手の獲得なのだ。

 ちなみに、藤川球児(32)のメジャー挑戦で、守護神のポジションこそ補強が急務のはずが、獲得を狙った五十嵐亮太(33)は、あっさりとソフトバンクに持っていかれている。

 心配事はまだまだある。今年のドラフト1位・藤浪晋太郎(18)が本当に大成するのか、だ。阪神担当記者からは、こんな信じられない言葉が返ってきた。「育てるプレッシャーよりも、藤浪を獲得したことで、首脳陣は救世主が現れたと喜んでいますよ。和田豊監督(50)がクジで藤浪を引き当てた“功績”で、今年の低迷が全部吹き飛んだと思っていますからね」

 新人育成の責任感はどこへやら。首脳陣も、これで周囲の評価も上がったと色めき立っているというから、何とも情けないかぎりだ。

「たぶん実力のある藤浪には、それだけコーチたちが群がります。そこで、誰を信じていいのかわからなくなるのが何よりも怖いです」(前出・球団関係者)

 阪神ファンは声をそろえて叫んでいる。

「何やっとんねん!」

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
4
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”