芸能

浅利陽介、「新・相棒の座」を手にするまでの“引退危機もあった”激動半生!

 水谷豊主演の人気ドラマシリーズ「相棒season17」(テレビ朝日系)が10月にスタートする。今シーズンの目玉は、水谷の相棒、反町隆史が続投し、もうひとりの相棒が新加入することだ。前シリーズの最終回で特命係に左遷された浅利陽介だ。役どころはサイバーセキュリティー対策本部の特別捜査官。シリーズ初のトリオを組む。

「歴代相棒の及川光博、成宮寛貴と3シーズンでお払い箱だったため、てっきり反町の首もすげ替えられるかと思われました。下馬評では稲垣吾郎の名前がささやかれていたんですがね。フタを開けてみたら、まさかの3人体制。3人と言うのは、意見が分かれるのが相場。うまくいくんですかねえ。浅利の役は相棒に嫌悪感を抱く元区役所勤務という経歴。肩書や立場が変わり、明るく接するものの、心に闇を抱え、陰湿な面を持つ一筋縄ではいかない男の設定です。2人を助ける半面、足を引っ張る場面が見られるかもしれません」(テレビ誌記者)

 そんな浅利は子役出身。4歳でデビュー。子役時代、寝坊しては遅刻を繰り返し、撮影に飽きると控え室で寝たふりもした。そのくせ鼻っ柱だけは強く、芸達者を気取っていた。だが、大人の役者への脱皮に失敗。引退を考える瀬戸際を経験したという。

「20歳の大学生時代に出演したのが、山下智久主演の医療ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)。最高視聴率21.2%をたたき出すヒットとなり、SP版、2ndシーズン、3rdシーズンと、いずれも高視聴率を稼ぎ、この7月には、劇場版が公開され、大ヒットとなりました。浅利はもし、このドラマに出演していなければ、芸能界を引退していたそうです。1stシーズンに大抜擢されたものの、当初は山下や新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未ら人気者の中で孤立感を感じる日々が続いていたとか。しかし、山下らのフォローで、疎外感と決別。うまくコミュニケーションが取れるようになり、役者として生きることを決意したそうです。“コード・ブルー会”を結成、食事会を開いてはドラマがより良くなるようディスカッションを重ね、その甲斐あって、今では自身の代表作と胸を張れるようになったんです」(芸能ライター)

 水谷の意にそわなければ即降板と言われる「相棒」の現場。浅利は無事生き延び、「コード・ブルー」同様「相棒」を代表作と呼べる日が来るだろうか。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」