芸能

オリラジ中田、報道された「教祖ビジネス活発化」でタレント廃業の危機!?

 芸人の枠を超えた活動で注目を集めているオリエンタルラジオ・中田敦彦。

 一昨年にはRADIO FISH名義での音楽活動で紅白歌合戦出場を果たしたほか、このところはファンと交流を深める有料制の“オンラインサロン”にも注力。

 一方でレギュラーを務めていたTBS系「ビビット」や日本テレビ系「ヒルナンデス!」を降板するなど、テレビ出演は減少。先輩である松本人志を批判したことにより事務所から干されたのではとの噂も根強く囁かれているが、中田本人は「仕事を整理したんです」と噂を否定している。

 そんな中田が現在、精を出しているのが「教祖ビジネス」。

 10月18日発売の「週刊新潮」によれば、中田はディープなファンに対して、みずからを“御神体”と呼ばせているほか「『幸福洗脳』とプリントされただけのTシャツを1万円以上で売っている」といい、集会に“黒づくめの服”を着ることを勧め、黒い数珠を授けるなど宗教じみた活動を行っているのだという。

 中田の「教祖ビジネス」について「今はまだ“宗教ごっこ”なのでしょうが、今後、タレントとしての活動はより厳しくなるでしょうね」と語るのはお笑い関係者。こう続ける。

「中田本人もラジオで『俺は皆さんが半年分で稼ぐものを先週だけで稼ぎましたよ』とTシャツの儲けを自慢していましたが、制作側としては、アコギな商売を公言しているタレントを使うにはリスクが大きすぎる。そろそろ後戻りできなくなる段階だと思います」

「中田教」の行方は──。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?