芸能

鈴木保奈美、中山美穂、常盤貴子、後藤久美子…“美熟女優”が花盛りなワケ!

「テレビ界が美熟女ブームに沸いている」と、11月19日発売の「週刊ポスト」が報じている。

 確かに今クールでは、フジテレビの「SUITS」に鈴木保奈美、「黄昏流星群」に中山美穂が出演。来年1月のTBS日曜劇場には「グッドワイフ」で常盤貴子が主演。同じく来年上映予定の「男はつらいよ」には、23年ぶりの映画出演となる後藤久美子がヒロインを演じる。いずれも、40代後半から50代前半の熟女だ。

「現在、最もテレビを視聴しているF3層は、ここに名前の挙がった女優たちと同じ年代です。鈴木は、大手弁護士事務所の所長兼代表弁護士としてバリバリのキャリアウーマン。一方、中山は、夫の不貞を疑いつつも、娘の婚約者に心惹かれる主婦を演じています。これらは、同世代の女性にとってあこがれであり、願望をドラマの中で見せており、感情移入もしやすいからこそ、これらのドラマが受け入れられているのだと思います」(テレビ誌ライター)

 だが、第7話までの「SUITS」の平均視聴率は10.8%なのに対し、「黄昏~」は第6話までで6.7%と苦戦している。

「鈴木は、24年ぶりの月9で織田裕二と共演、1998年に石橋貴明と結婚してからは女優業を休業して家庭人だったという話題性もありますからね。一方の中山は、02年に辻仁成と結婚して長男を授かるも、14年に離婚。一人息子は辻が引き取りイクメンとして名を馳せています。女性からすれば、子供を手放した母親、とのイメージが強く、反感を持つ人も少なくありません。それが、多少なりとも視聴率に影響しているかもしれません」(芸能ジャーナリスト)

 いずれにせよF3層視聴者は、軽いアイドルドラマよりも、熟練の演技者による濃密なドラマを欲しているということだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
2
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
5
全国旅行支援トラブル続出でクレームの嵐!対象店で「クーポン使用不可」の理不尽