芸能

坂口杏里、「厳しい芸能界復帰」のカギを握るのは明石家さんまだって!?

 12月4日、都内で「坂口杏里の芸能界復帰までの道のり」という、復帰を熱望するド直球なイベントを開催した坂口杏里だが、そこに思わぬ“神の手”が差し伸べられるかもしれない。

「イベント集まったファンは約50人。坂口はサプライズゲストの楽しんごから歌を贈られ感涙し、hitomiの『LOVE 2000』やAKB48の『大声ダイヤモンド』を歌っていましたが、何やらメリハリのないイベントでしたね。ただ、これで芸能界復帰の意思表示ははっきりできた。あとは業界サイドが受け入れるかどうかですが、結論から言うとかなり厳しいのでは」(芸能ジャーナリスト)

 イベント前にはマスコミ向けに囲み取材について「『芸能界復帰』という質問以外をした場合は即終了」と注文までつけ、これにネット上では「何様?」などと批判が集まっていた。そんな坂口の姿勢にも問題はあるが、芸能界復帰への最大の壁は、やはり艶系DVDへの出演ということになりそうだ。

「これまで、そうしたジャンルの作品への出演経験者でのちに芸能人として成功したタレントは、飯島愛のみと言っていい。2010年に及川奈央がNHK大河に出演して話題になりましたが、その後は目立った活躍はありません。やはりスポンサーの関係で、テレビ出演は制限されてしまうのが実情なんです」(広告代理店関係者)

 しかし、ある芸能関係者は一つの可能性をこう示す。

「もし地上波で再ブレイクの可能性があるとすれば、鍵を握るのは明石家さんまでしょう。これまでも、謹慎や不祥事明けの芸能人を積極的に自分の番組で取り上げ、復帰の手助けをしてきましたからね。坂口の場合、もともと、さんまの番組で“おバカキャラ”としてブレイクしているし、その際に共演した母親の故・坂口良子さんのためにも、ここで大御所が一肌脱ぐというのが“最短プラン”ですよ」

 加えて、もう一つの可能性があるという。インターネット放送だ。

「10月末には田代まさしがAbemaTVに出演して、それなりに笑いをとっていましたよ。ネットが普及していない頃であれば、不祥事だらけの田代の“受け皿”はほとんどなかった。しかし、ネットであれば“試しに出演させてダメなら終了”というサイクルが迅速に機能している。そうなると、あとは坂口の“腕次第”なんですが、そこが田代と大きく違う不安要素ですね」(ネット系エンタメライター)

 となると、おバカキャラに代わるキャラも欲しいところだが…。

(鈴木謙一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大と“不貞報道”唐田えりかのインスタグラムの“異変”と“異様”
2
杏が再三“SOS”の悲鳴を上げていた不貞報道・東出昌大のクズっぷり!
3
欅坂46・平手友梨奈の脱退を茶化した一発屋芸人が炎上!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
常盤貴子のバストが急成長中?取材陣も驚いた「F⇒Gカップ」への進化!