スポーツ

プロ野球「アイアン40代」のド根性キャンプ生中継!(3)練習している姿が楽しそう

 今季は「イチロー世代」である「昭和48年組」が40歳を迎えるシーズンとなる。

 DeNA・三浦大輔(39)は、序盤から連日ブルペン入りするなど精力的である。

 前出・野村氏が語る。

「DeNAはベテラン勢の多くが横須賀居残りの中、大輔は宜野湾で初日から70球ぐらい投げ込んでましたね。5000メートル走の前に『23分台で帰って来い!』と言ったら、『無理ですよ~、頑張ります!』なんて返してきたけど、まあ元気そうですよ」

 オフの大型補強が、三浦のやる気をますます後押ししているようだ。

「三浦は前々からフロントに補強を訴えていました。それがついに実現したんです。環境が整ったからには自分も結果を求められますからね。でも、練習している姿は楽しそうで、『今年は期待してくれていいよ』と笑顔があふれています」(前出・球界関係者)

 一方、同じDeNAでは、ブランコ獲得で中村紀洋(39)がレギュラー枠獲得ピンチだが、2000本安打まで残り32安打という大事なシーズンでもある。

「中村は昨年後半に、采配批判とも取れる言動をして二軍に降格されました。そのうえでの大型補強です。これ以上、悪いイメージで出場機会まで失えば、2000本安打も夢と消えてしまうので、態度が変わったと評判です。これまでは記者に質問されて『バカなこと聞くんじゃねえ!』とすごむこともあったのに、昨シーズン後半からは『何かある~?』と自分から記者に聞いてくるほど低姿勢になった。今は代打でも結果を残したい思いのようです」(球団関係者)

 バリバリに働けるようで、一転、肩叩きや引退も視野に入れなければいけない境遇だが、それでもド根性で生き残りをかける。

 中村同様、かつて推定年俸5億円にまで到達したソフトバンク・松中信彦(39)も今季は正念場を迎えている。

「昨年にチームリーダーの小久保が引退したことで、『小久保さんがいなくなりましたが次は─』と自身の引退に関する話題をぶつけられると過敏に反応し、とたんに不機嫌となります。そのため、記者の間では『小久保』という言葉が禁句になっている。キャンプでは、志願の特守でレギュラー獲りをアピールしていますが、苦しいシーズンとなりそうです」(遊軍記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト