社会

「凶暴」花粉症、昨年比7倍の飛散量に対抗する最強裏技

 まもなくやってくる「花粉の季節」──。早くも鼻がムズムズしている読者も多いことだろう。昨年の7倍ものスギ花粉が飛散することが予想される今年は、花粉症も“凶暴”極まりないようなのだ。処方薬が最も効果的とは知っているが、混み合う病院に行く時間もない。そんな人のために“奥の手”を教えよう。

 インターネットの掲示板で、評判を呼んでいるのが、カルピス社が製造している「アレルケア」だ。独自のL─92乳酸菌を配合したサプリメントである。かつて、同社ではL─92乳酸菌入り飲料が、花粉症の症状を軽減すると大ヒットしたことでご記憶の方も多いのではないだろうか。

 この乳酸菌は免疫細胞のバランスを整える働きがあり、アレルギー症状を抑えることに役立つというのだ。日本医科大学耳鼻咽喉科学教授の大久保公裕氏はこう話す。

「L─92乳酸菌に限らず、他の乳酸菌であっても、腸内細菌が活性化されることで、アレルギー症状が緩和されることは実証されています。花粉症の症状緩和にも役立つでしょう」

 さらに、花粉症対策といえばお茶である。「甜茶」に始まり、「べにふうき緑茶」など、多くの花粉症に効くというお茶があった。今年も「ぶたカモ茶」なるお茶が話題となっている。スギ花粉以降にやってくるブタクサやカモガヤの花粉症に効果がありそうなネーミングだ。複数の花粉に反応してしまう人なら、複合的にガブ飲みしたいところだが‥‥。

「お茶のポリフェノールによる抗酸化作用が炎症を軽減させるのですが、何杯も飲めばいいというものではありません。ポリフェノールも尿で排出されてしまいますからね。それから、花粉症対策のためにお茶を飲むなら、成分にも注意が必要です。以前には、喉が腫れて呼吸困難になり、販売禁止になったケースもありますので、しっかり見極めてから購入すべきです」(前出・大久保氏)

 花粉症撃退の裏ワザを選ぶにも慎重さが必要なのだ。

 では、これはどうなのだろうか。LED光線照射術である。鼻の穴に直接、光線を照射する器具が情報番組で紹介されて以来、売れているようなのだ。通販HPによれば、LED光線が鼻腔細胞のミトコンドリアを活性化させるとうたっている。鼻の穴に器具を突っ込んでいる姿は決して人には見せたくないが、1回3分の照射を1日3回すれば効果があるという。それなら試してみたいところではある。

 前出・大久保氏が話す。

「欧州では自然光に近い光を照射する治療法が行われていますが、まだエビデンス(医学的な証拠)がない治療法です。いずれにせよ、サプリにしても、お茶にしても、薬剤の3分の1ぐらいの効用しかないということを念頭に入れておいてほしいところです」

 信じる者は救われるかもしれないが、くれぐれも過信するのは要注意なのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)