芸能

悪女への不合格発表(3)美川憲一「はるな愛とロケそっちのけで路上説教」

 大御所タレントの美川憲一(66)が人目をはばからず大説教をかましたという。その相手は、後輩の「オネエタレント」だった。“事件”の目撃者が明かす。

「その瞬間、現場は文字どおりカチーンと凍りつきました」

 その現場とは、昨年、美川憲一とはるな愛(40)の2人のオネエ系タレントが、東京・根津をぶらぶら散歩する番組「美川憲一&はるな愛のぶらり旅」の収録中でのことだった。当初、何事もなく収録は進んでいたのだが、屋外ロケだけに思わぬハプニングに見舞われたのだという。突然見物人の一人の少年が、

「オカマ2人が歩いている!」

 と、小バカにするようなヤジを飛ばしたのだという。この言葉にカチンときたのが、美川だった。

「素人の言うことだし、相手にせず難なく見過ごすのかと思ったんですが、ムシの居どころでも悪かったのか、美川さんがみるみる不機嫌になったんです」(前出・目撃者)

 ふだんは温厚で知られる“大御所”の急変に、撮影に水を差した少年もバツが悪くなり、2人にワビを入れた。そこに一緒にいたはるなが大人の対応のひと言で反省を促したのだ。

「私たちはオカマだけど、バカにしたような言い方はしないで」

 それで話は一件落着‥‥かと思いきや、このとっさのひと言がさらに美川の機嫌を逆なでしたという。

「アンタと一緒にしないでよ!」

 と言うと、プイッとへそを曲げ、撮影は中断に追い込まれる騒動になったのだ‥‥。

 これまで、美川の旅の相方は、神田うの、浅田美代子、桜塚やっくんが務めてきたが、はるなも“新相棒”不合格の憂き目だけは何とか避けたかったのだろう。

「その後、はるなとスタッフが必死で頭を下げたこともあり、何とか美川さんの怒りは収束した様子でした」(前出・目撃者)

 間もなくして収録は再開され、美川も大人の対応でいつもの笑顔で撮影に戻っていたという。

 それにしても、大御所の逆鱗に触れてしまった理由とは?

 芸能レポーターの佐々木博之氏が解説する。

「美川さんとはるなでは“ゲイ歴”がまったく違います。それに、最近では簡単にオネエ系などの言葉でひとくくりにされていますが、長年、紅白に出演してきた実績もある美川さんが怒るのももっともな話ですよ」

 10年に19年連続の紅白連続出場記録がとだえ、昨年秋には長年所属した事務所からも独立し、心機一転を図る美川。

「独立後も、新曲『金の月』をリリース、歌手業以外でも西麻布に鉄板焼き店『みかわ』をプロデュースするなど、まだまだ意欲的に活動中です」(前出・佐々木氏)

 いっそ、はるなとの異色デュエットで紅白復帰を狙ってはどうだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”