スポーツ

権藤博が山本浩二の「小物采配」を一刀両断!(1)緩急はあっても強弱がない

 侍ジャパンには、王者らしく堂々たる戦いぶりを見せてほしかった。現時点でアメリカ行きを決めていると信じたいが、出だしからどうにも頼りない。ふがいない戦いぶりには、前中日投手コーチの権藤博氏もご立腹。舌鋒鋭く、一刀両断するのである。

 2次ラウンド初戦の台湾戦は、終始リードを許す展開の末、延長戦を制して4対3で勝利しました。

 一見、劇的な試合に見えますが、“見下ろしの野球”ができていないから、こんな長い試合になったんですよ。

 こうまくしたてるのは、前中日投手コーチの野球評論家・権藤博氏(74)だ。王者の風格がうかがえない、侍ジャパンに辛口エールを贈るのである。

 日本代表はWBCで過去2連覇していますが、そのために今回は“守りの気持ち”をすごく感じるんです。

 なまじっか2連覇したばかりに、「3連覇しないと」と守りの気持ちになって、無難に無難にいこうとしているから、日本野球のよさがまったく出ていない。

 例えば、日本のよさは緻密なピッチングで、今大会も緩急はつけています。ところが、球種を変えているだけで、強弱はつけていない。直球だけ投げる人はいませんから、緩急は誰でもやります。強弱というのは、同じ直球でもスピードを変える。緩いスライダーと速いスライダーを使い分けたりすることです。

 でも、大事にいこうとするあまり、全て目いっぱいの「強」でいっていた。

 チームがそういう雰囲気になってしまっていたんですね。そういう時は、ガンガンいかないで、抜いてごらんなさいって。

 例えば、1次ラウンドの順位決定戦のキューバ戦なんかは、投手陣はいい球を投げていて、計10個も三振を取っているけど、相手はビクともしてないもんね。バットを振って、振って、振りまくってた。

 それに対して、向こうは135~138キロ程度のスピードしか出ない、日本なら峠を越えたような投手ばかりで、長野(久義=28=)や坂本(勇人=24=)が三振するようなピッチャーじゃなかったですよ。でも、あいつらの緩い球を投げる勇気にやられてしまったんです。

 一方で、バッターのほうも、尻もちついてもいいから思いっ切り振ってやろうというのがなかった。

 例えば、キューバ戦で6回、中田(翔=23=)が1死一塁で3-0というカウントになり、ストライクを取りにくる甘いボールを見逃しましたが、あそここそ思いっ切り振る場面でしょう。2点のビハインドだから「待て」の場面だという定石はありますが、思い切り振られるほうが投手は怖いものなんです。

 総じて、振らないから四球は選んでいるけど、相手にプレッシャーがかけられず、迫力が伝わらないから点は取れない。

 特に1次ラウンドの格下の相手国は日本に対してすごい投手、すごい打者という認識があったでしょうから、「何でこんなに空回り、凡打してくれるんだろう」と思ったはずですよ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
剛力彩芽、「収入激減」報道でネット上は“ここぞとばかりの冷淡反応”だらけ!