スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「斎藤誠厩舎のワンツーあるぞ」

 今週の重賞は一つ。中央場所(福島、中京)にはなく、函館で行われるGIII函館記念(芝2000メートル)がそれだ。先週のメイン、七夕賞と同じくハンデ戦で争われるだけに、比較的よく荒れる重賞として知られる。目下4年連続して馬単で万馬券になっており、今年も簡単には決まりそうにない。

 このレースに馬単が導入された02年以降、これまでの17年間、その馬単での万馬券は半数以上の9回(馬連は4回)。それ以前、馬連のみの時も万馬券はよく出ている。今回の顔ぶれを見ても混戦、難解なだけに、人気どおりの一筋縄では収まるまい。

 では、その人気、有力馬は、どんなところだろう。

 前哨戦の巴賞を勝ったスズカデヴィアス、同2着のナイトオブナイツを筆頭に、実績のあるエアスピネル、休み明けで巴賞(9着)を使われた函館巧者マイスタイル、そしてドレッドノータス、メートルダール、福島民報杯を制して勢いに乗るレッドローゼスあたりか。しかし、背負わされるハンデもあり、予断は許さない。

 そのハンデは54~57キロを課せられる頭数が多いこともあり、よく連対している。最も多いのは56キロだ。年齢的には5歳馬の活躍が目立ち、続いて7歳、4歳、6歳の順。高齢馬を軽くみてはいけないことも、データをひもとくとわかる。

 そうした傾向を頭に入れたうえで、勝ち馬をあぶり出してみよう。

 穴党として大きく狙ってみたいのは、アーバンキッドだ。前走の巴賞(6着)は、放牧明けで2カ月半ぶりの実戦。にもかかわらず、勝ち馬とコンマ7秒差の競馬だったのだから評価していい。

 しかし休養前、前々走の福島民報杯は、期待に反して12着と大敗しており、前2走の結果から人気は低いだろう。であれば、願ったりだ。

 新馬戦を期待どおりに勝ち上がり、マイル、中距離路線で大いに注目されたが、2、3歳時は重賞でも上位争いを演じながら、なかなか勝ちきることができなかった。2勝目をあげたのは4歳の秋で、1000万条件(現2勝クラス)まで下がっていた。気性面で難しいところがあり、折り合いを欠くことが多かったからだ。

 が、年齢を重ね、精神面で成長。楽に折り合えるようになり、距離を延ばしても好走するようになった。ならば大いに注目すべきである。

 これまで2000メートルの距離は〈0 0 1 3〉と連絡みはなく、重賞挑戦は3歳夏のラジオNIKKEI賞(3着)以来になるが、陣営はヤル気をにじませる。

「6歳馬だが、衰えはこれっぽっちもない。そればかりか、使われたことで大幅良化。パワーがあり、北海道の洋芝は合う。滞在競馬なので、福島民報杯の時のように体重の大きな減り(12キロ減)は考えられない。落ち着きが出た今なら、2000メートルでも力は出せる」

 斎藤誠調教師は、こう言って変わり身、期待のほどを口にしている。巴賞から中1週での競馬になるが、とにかく元気いっぱいだ。

 血統も父がハーツクライ、母の父がスウェイン(キングジョージ連覇を含むGI4勝)という配合なら、2000メートルはむしろ望むところだろう。しかもスワーヴダンサー(仏ダービー、凱旋門賞)が近親にいる良血でもある。

 ハンデは、恐らく54~55キロ。チャンス十分とみた。

 斎藤誠厩舎は、ブラックバゴとの2頭出し。同馬は先週、函館入りしたばかりだが、ノーザンファーム空港牧場でたっぷりと乗り込まれて好仕上がりだ。

 ともに道悪、力のいる馬場は得意。晴雨にかかわらず、斎藤誠勢のワンツーさえも期待したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
ニューヨーク、レギュラー殺到の裏で「アッコにおまかせ!」激スベリ事故が物議!