芸能

広瀬すず 女優としての演技力とバストが急成長(3)姉・アリスをしのぐ大きさに

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏もこう話す。

「必ずしも清純派だから胸の巨大化はダメということはありませんが、広瀬はそれで売り出しているわけではないので、いきなりそういうキャラになったら、イメージが変わってしまうことはあるでしょう」

 これまで業界内では、「バストなら姉・アリスのほうが上」との見方が強かった。だが、妹・すずの急成長で逆転現象すらささやかれる不測の事態に、今や舞台裏は大混乱の様相に。

「広瀬をヒロインとして起用する予定の作品に、巨乳化の影響が出るのは必至。セクシー封印のため、『さらしを巻いて出てもらうしかない』『おっぱいだけCG加工するしかない』などと、半ば本気の冗談が関係者の間で飛び交っています」(広告代理店関係者)

 国民的女優を巡る「おっぱい騒動」は解決の糸口すら見えないが、現場での広瀬の評価は日増しにうなぎ登りだ。

 節目となった記念作品には、先に触れた山口をはじめ、松嶋菜々子(45)、小林綾子(47)、貫地谷しほり(33)など、歴代の朝ドラヒロインが「凱旋」。そんな大先輩を前にしても、広瀬は座長として現場を盛り上げていた。

「常に雰囲気を大事にしていましたね。ドラマの現場に慣れていない芸人の川島明さん(40)の誕生日祝いを率先したり、現場であまりごはんを食べない渡辺麻友さん(25)にお菓子をあげて、距離を縮めていました」(ドラマ関係者)

 共演者だけではなく、スタッフへの気配りも忘れていない。

「スタジオ内には、スタッフの名前と顔写真の一覧表が貼ってあります。広瀬さんは撮影が始まった頃によく眺めていて、スタッフの名前を覚えてくれたんです」(ドラマ関係者)

 4月にサンダルのクロックスのグローバルアンバサダーに就任したこともあり、共演者とスタッフに「なつぞら」と書かれた特製サンダルをプレゼントした広瀬。早くも続編の期待も高まっているが、すでに次なる大仕事が決まっていた。

「10月8日から野田秀樹作・演出で、世界的ロックバンドQUEEN公認のNODA・MAP公演『Q:A Night At The Kabuki』に出演します。同バンドのアルバム『オペラ座の夜』の世界観を舞台化したもので、本作が広瀬にとって初舞台。ふだんは緊張しないタイプですが、早くもプレッシャーを感じているようです」(芸能記者)

 初舞台まで間もないが、広瀬の巨乳化もあって、客席は“すず”なりの大混雑となりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
2
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
3
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
4
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”