女子アナ

「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!

 これはもう、確信犯ではなかろうか。

 9月13日、フリーアナの岡副麻希がインスタグラムを更新。〈こんにちは!お天気すっきりしませんが平日ラストきんようび 低気圧に負けずにえいえいおーっ〉とのメッセージとはまったく関係のないポーズを取った写真も、男のあらゆる妄想を掻き立てるに十分な、何ともいやらしいものだった。

「そこでの岡副は焦げ茶の花柄ワンピース姿。横からの全身ショットで、立ったまま両手を壁につき、背中を思い切り反らせる猫の伸びのようなポーズだったんです。ハッシュタグでは《#背中#音#鳴らす#くせ》としており、その体勢でのストレッチがお好みのようなのですが、いかんせん岡副のカラダが軟らかいことから、形のよいヒップは腰の位置より尋常なく高く突きあげられ、完全に“欲しがり屋さん”のような状態になっていましたね」(ネットウオッチャー)

 これにネットが反応しないわけもなく、〈後ろから突きたい!〉〈アノときはこんな体勢になるのか〉〈ヒップ叩きたい〉〈これは鼻血モノ〉など、タマランという声が殺到したのだ。

「岡副はつい最近も、インスタで学生服姿での“I字バランス”を披露し、頭につくほど高く足を上げた、お股全開ポーズでファンを歓喜させていましたね。普通の女性タレントであれば“あざとい!”などというブーイングが一斉に上がりそうなものですが、彼女の軟体アピールに対しては、そうしたブーイングはさほど見られない。これも天然キャラゆえのことなのでしょう」(夕刊紙記者)

 これからも、「夢のあるポーズ」を披露してほしいものである。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?