スポーツ

長嶋茂雄「ポケットに隠しきった右手の真実」(3)「松井の話はするな」のお達し

 もう一つ、授賞式で気になったのは、ミスターの受賞の挨拶だった。

「国民栄誉賞をいただきまして、本当にありがとうございます。松井君も一緒にもらったとあって、非常に××××××こと、ありがたく御礼を申し上げます。ありがとうございます。ファンの皆様、本当にありがとうございます。よろしくお願いしまーす」

 巨人担当記者が言う。

「途中、よく聞き取れない個所がありましたよね。でもふだんのミスターはあんなに口がもつれることはない。知り合いの記者たちのブラ下がり取材では『おぉ、元気か!』とスムーズに言葉が出ます。でも、ああいう公の大舞台では『長嶋茂雄』を演じようとするから極度に緊張して焦り、力んでしまう。『よろしくお願いしまーす』というのは松井のことなのか今後の自分のことなのか」

 もともと、受賞挨拶のための「原稿」が用意されていたのだという。巨人担当記者が続ける。

「あの挨拶が原稿どおりだったはずはありません。グラウンドで授与式を待っている間、何かブツブツ言うように盛んに口を動かしていましたが、恐らくセリフの練習だったのでは。しかし本番では緊張のあまり、予定していた文言が頭から飛んでしまったのでしょう。始球式を終えて一塁側のベンチ脇から引き揚げる際も、専属広報担当者に肩を支えられて階段を降りていましたが、ふだんはあんなことはない。これも緊張の証しでしょうね」

 さて、一方の松井氏はどうだったのか。先の巨人担当記者は、

「気になったのは、(始球式で捕手役だった)原辰徳監督(54)との微妙な関係。投球後、ミスターに歩み寄る松井氏に握手を求めてきた原監督に一瞬応じた以外は、目も合わせなかったように見えた。原監督が捕ったボールを松井氏に持っていこうとしたら、松井氏はまったく反応しない。そこでミスターに渡そうとしても左手にはバットを持っているし、いらないというしぐさ。そこで安倍総理に渡しました。松井氏は球場で監督室に挨拶に行くぐらいはしたでしょうが、ほとんど話らしい話はしていない。SPがいたこともありますが」

 両者の冷めた空気の理由を、前出・デスクは次のように説明する。

「原監督にしても、自分が今、監督をしているのに(渡辺恒雄球団会長のラブコールで)来年にも松井氏が監督に、などという報道を連発されたら、そりゃおもしろくないでしょう。しかも監督就任1年目の02年オフ、松井氏は残留要請を断ってヤンキースにFA移籍していった。その翌年、原監督は選手に『メジャーの試合は見ないように』とメジャー中継視聴禁止令を出しました。同時に『松井の話はするな』とのお達しも出していたほどですから」

 両者の間にはまだ、わだかまりという壁が存在しているのだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性