芸能

ビートたけしの名言集「紅白歌合戦で『浅草キッド』熱唱の舞台裏」

「今年の仕事でいちばん疲れたな。さすがに1日でお笑いと歌はきついな」

 大晦日、国民的娯楽番組「紅白歌合戦」で歌手として「浅草キッド」を歌い終えた殿は、楽屋へ戻ると冒頭の言葉を漏らしたのです。

 で、この日の殿は、歌の出番前に、最近ではすっかり浸透した、大変ブラックな賛美を勝手に贈る、あの“表彰状芸”を披露していたため、まずはお笑い、その後に歌手という流れだったため、さすがの殿も「今年いちばん疲れたよ」発言が飛び出したのです。しかし、改めて殿の“生・浅草キッド”最高でした!

 で、少し時間を戻します。 

 18時半、NHKホールに入った殿は、楽屋でわたくしを認めると、

「よく考えたら、お前が大晦日にNHKにいるってのも笑うな」

 と、笑顔でツッコんできたのでした。確かに!

 で、楽屋に入り上着を脱いだ殿は「そうだ。とりあえずこれ見とかねーとな」と、大きな独り言を漏らすと、あらかじめ作成していた、この日読み上げる表彰状を手に取り、音読での練習を開始しました。そして2回程読むと、

「おい、ここちょっと直すか」

 と、直前になって1カ所修正を入れたのです。表彰状の練習を終えると、今度は鼻歌で、音程を確認するように「浅草キッド」を歌いだし、何度もサビの部分をリフレインしていました。

 で、表彰状&歌の確認を終えた殿は、おもむろに時計をチラッと見ると、

「俺の出番は何時だっけ?」

 と出番を確認し、まずは20時過ぎという、予定されていた時刻を聞くと、

「じゃー出番の30分前にトイレに行って、それから着替えればいいか」

 と、確認するように段取りを口にしました。ちなみに、殿がこういった感じで、少し先の行動を改めて口にする時は機嫌がいい時です。

 で、楽屋にて殿が待機している間にも、嵐の櫻井さん、松田聖子さんなどが続々とごあいさつにやってきます。さらに、殿がトイレへ行こうと楽屋を出ると、五木ひろしさんに遭遇。この時のやり取り最高でした。

殿 あっ、今日はどうもすいません。

五木さん 何言ってるの。歌、楽しみにしてるよ。

殿 いえいえ、もう最低なんで。聴かないでください。

 さらに、トイレを済ませ、楽屋へ戻る途中、今度は石川さゆりさんとも遭遇。ここでも「ヘタなんですいません」的な発言をしていました。で、楽屋へ戻ってきた殿は開口一番、

「何気に俺は石川さんの前荷がいちばん長かったからな」

 と、昔を懐かしむようにこぼしたのです。ちなみに「前荷」とは? ショーの前座で漫才をすることであり、前座の漫才師はショーの前日、荷物と一緒に会場に入るため「前荷」と呼ばれていたと聞きます。殿は漫才ブーム前夜、さまざまな演歌歌手の前座を務めたのですが、石川さゆりさんの前座が、いちばん長かったそうです。次回に続く。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク