スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「スマートダンディーの初重賞制覇ある」

 関東は東京開催に移る。と同時に、この開催の最後に年明け最初のGI戦フェブラリーSが控えている。その前哨戦となる根岸Sが今週のメインだ。

 ダートの重賞、それもGI戦の前哨戦となると除外馬が多く出るが、今回もなかなかの好メンバーがそろい、フルゲート(16頭)になりそうな雲行きである。

 とはいえ、距離が1400メートルとあって、ここでの結果が本番(1600メートル)に直結することは少ない。芝のレースもそうだが、この7ハロン戦は、どういう流れになるか読みづらく、展開がどうなるのか、なかなか判断するのは難しいのだ。

 けっこう難解な重賞と言っていいが、今回の顔ぶれを見ても、まさしく多士済々で、簡単に収まりそうにないことがわかる。

 まずはデータをひもといてみよう。

 馬単が導入されて以降、このレースは17回を数えるが、この間、馬単での万馬券は5回(馬連は2回)。そして1、2番人気馬によるワンツー決着は2回のみで、1番人気馬は5勝(2着5回)、2番人気馬は3勝(2着1回)。

 大きく荒れることはないが、人気どおり容易に決まらないことも確かで、中穴傾向の重賞と言っていいだろう。

 さらに過去17年の傾向に目を移して見ると、最も連絡みしているのは5歳馬で、6勝2着8回と圧倒的。続いて善戦しているのが6歳馬で、5勝(2着3回)しており、今回も要注意である。

 当方もその6歳馬に目をつけた。最も期待を寄せ、狙ってみたいのは、使われつつ、どんどんと力をつけてきているスマートダンディーだ。

 半年ぶりの実戦となった前々走の霜月Sは14着に敗れたが、続く前走のギャラクシーSでは一変。中団から強烈な末脚を駆使して、あっさり突き抜けての完勝劇を演じてみせた。

 今回は休み明けを使われて3戦目。この中間の状態はすこぶるよく、1週前の追い切りは軽快かつリズミカル。文句なしの動きだった。

「さらに良化している感じ。いい雰囲気だし、本番が楽しみ」

 石橋調教師はこう言って仕上がりのよさを強調し、目を細めるほどだ。ならば期待できるというもので、初重賞制覇のチャンスとみていいのではないか。

 全勝ち鞍の7勝は、いずれもダート1400メートル戦で挙げたもの。しかも左回りはスムーズで東京は【2】【1】【11】【3】【3】【3】【14】着。大きく敗れた2回はともに休み明けということを考えると、今回はまさに走れる条件がそろっているわけだ。

 父はベルモントSなどGI3勝の大種牡馬エンパイアメーカー(先頃死亡)で、母系は北米の一流血脈。歴史に残る名馬ラウンドテーブル(米年度代表馬にして大種牡馬)やハイペリカム(英1000ギニー)など、一族にはキラ星のごとく活躍馬がいる血筋。力を要す良馬場なら頭から狙い撃ちといきたい。

 京都で行われるシルクロードSは、ハンデ戦。しかもフルゲート必至で混戦模様とみていい。

 狙いは、ジョイフルだ。京都は〈0 0 1 2〉と勝ち鞍はないが、いずれも差はわずかで下手ということはない。一戦ごとにパワーアップしており、ここはチャンスとみた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”