芸能

勝新太郎、黒澤明監督と激突した世紀の降板劇/「昭和スター」破天荒列伝(7)

 日本映画史上、最大とも言える俳優の降板劇が起きてしまったのは、79年7月のことだった。

 12億5000万円もの製作費が話題になっていた黒澤明監督の「影武者」の撮影前に行われていた2回目のリハーサルの中、主演の勝新太郎が突然、降板することとなったのだ。

「発端は、勝が自身の演技を見直すために現場でビデオを回したいと言い出したこと。これを黒澤監督は『ぼくが見ているから必要ないでしょう』と強く断ったところ、勝は、『あっちが世界のクロサワなら、オレは天下の勝新太郎だ』とにらみつけるようにして言い放った。監督も一歩も引かず、勝は自分のワゴンカーに立てこもってしまった。プロデューサーの説得にも応じずに、『帰る!』の一点張りの勝に、黒澤監督も車に乗り込んで話し合いを持ったが、『こんな気分では芝居はできない』という勝に、『それならやめてもらうしかないな』と車を降りてしまったんです」(映画関係者)

 黒澤監督は、勝が謝ってくれば許すつもりだったようだが、これが大きくスポーツ紙に報じられてしまったことで、その機会が失われ、そのまま勝の降板が決まってしまったという。

「説明の会見を開いた黒澤監督は、なんとその最中にマネジャーに指示をして仲代達也に電話を入れ、勝の代役が決まりました。仲代の鬼気迫る熱演で、80年に公開された同作品はカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞し、世界で大ヒット。勝は、世界にその存在を知らしめる最大のチャンスを逃すことになってしまいましたね」(前出・映画関係者)

 正直、どちらも大人げない気がしないでもないが、熱い時代であったことは間違いない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
2
石川佳純のバストが急成長中!?大人ボディへの進化に戸惑う声も…
3
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
乃木坂46、「46時間テレビ」で続出した「艶っぽ突発事態」にファン過剰反応