芸能

吉岡里帆、グラビア“肌見せ度”の激し過ぎる波にファン困惑!

 昨年末から吉岡里帆のグラビアが注目を集めている。というのも、吉岡の“肌見せ”の度合いの波が、あまりに激しいからだ。

「昨年12月に発売された『週刊プレイボーイ』で、肌見せの多い艶ショットがいくつも掲載されました。中には衣装から胸がこぼれ落ちそうになっている写真や、前かがみになって胸の大きさがよくわかるものもありました。以前はなかった胸アピールを始めたんです。そこで『吉岡はグラビアの路線を変更したのではないか』とも噂されました」(グラビア誌編集者)

 ところが今年1月10日に発売された「フライデー」のグラビアでは一転、肌見せは少なく胸をアピールしていない写真ばかりに。それまでの噂は消し飛び、そして今度は、1月29日発売の「少年マガジン」で吉岡の巻頭グラビアが組まれた。

「少年誌ということで、艶っぽさははなから期待できないと思っていました。ところが、ここまで抑え気味になっているとは…。肌見せはほとんどなしで、胸の大きさがわかるショットもほぼゼロ。そうした流れに、ネット上では《俺たちが見たい吉岡里帆はこれじゃない》《なんでもいいからとにかく胸を見せて》と、ブーイングが巻き起こっているんです」(前出・グラビア誌編集者)

 吉岡里帆は今後、グラビアの仕事をどうしていくつもりなのか。次に注目だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?