芸能

コロッケ、まさかの“YouTubeチャンネル低迷 ”の「打開策」とは?

 大御所ものまねタレントのコロッケがYouTuberデビューしていたのをご存知か?YouTubeチャンネル「コロチャンネル」がそれで、初投稿は1月5日の『【新人】ものまねコロッケ!!ユーチューバーはじめます!!』だった。

 まずはご挨拶がわりに長渕剛のものまねをコミカルに演じた後、「タレントや歌手ではなく、一般の人のものまねって自分の中でやりたいことがたくさんあるんです。テレビではできないこと、これをYouTubeの中でやりたいな」とYouTuberデビューの理由を明かしたコロッケ。

 かつては清水アキラ、ビジーフォー、栗田貫一らと並び〈ものまね四天王〉と呼ばれ、ものまね界をけん引する立場のコロッケなのだが、YouTubeの方は意外にも苦戦を強いられている。初回こそ視聴回数は2.9万回に達していたが、他の回は2月中旬現在では、1万回を超えるのがやっとで、チャンネル登録者数も8000人を上回る程度。芸能人YouTuberとしては物足りない限りである。

 毎投稿、クオリティの高い一般人のあるあるネタを披露しているが、〈なぜ伸びない〉〈イマイチ登録者数と視聴者数が伸びないね。コロッケは誰もが知っているモノマネ界のレジェンド(伝説)なのにおかしい〉とのコメントもあるように視聴者も首を捻るばかりだ。

 604万人のチャンネル登録者数を誇る人気YouTuber〈フィッシャーズ〉や〈EXILE ATSUSHI〉のYouTubeチャンネルにも積極的にゲスト出演し、若者の認知度も増やそうと果敢に試みているようだ。だが、ただ、名人芸とも評されるネタ披露にこだわるあまり、みずからのチャンネルに彼らを招いた意外性のある回はない。

 俗に、インターネットを通じて話題になり、多くの人の注目を得る〈バズる〉という言葉がある。言わずと知れた名人芸だけでなく、ゲストを招いての驚きのコラボ企画やコロッケの意外な一面などを見せることができれば、一躍注目を集めるバズるチャンネルになるかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫
5
「安倍国葬」裏で勃発!銃撃事件映画を巡るラサール石井と三浦マイルド「罵倒応酬」