芸能

スマホを落とした北川景子と白石麻衣の危機/迫真「肌着ベッド」総覧(1)

 映画における「合意のない乱暴されるベッド場面」。荒々しく服を引き裂かれ、恐怖におびえるアンダーウエアの「震え」すら伝わってくる。

 撮影当時17歳だった広瀬すずが、2人の米兵に野外で襲われる衝撃のシーンに挑んだ。16年公開の「怒り」(東宝)のことである。映画評論家・秋本鉄次氏が解説するには、「屈強な米兵に口を押えられ、股を開かされ、まさかと思う迫力」だという白い胸用の肌着があらわになり「アイドル女優からみごとに脱皮しました」という。

 股の間から肌着をはぎ取られるシーンは、思わず目をそむけたくなる緊迫感。何度も葛藤と闘いながら役を演じきった広瀬に拍手を送りたい。

 変わった場面を見せるのは、抜群のプロポーションを維持する由美かおるだ。超能力者をテーマにした「エスパイ」(74年、東宝)では、一着が数十万円もする高級アンダーウエアを披露。「いやらしくなってしまうクスリ」を飲まされ、「催淫剤を飲まされ、インド音楽が流れる中で、黒人男性を相手に体をくねらせる」(秋本氏)といい、興奮が最高潮に達したところで、アンダーウエアが破り捨てられ、全肌を見せる姿に。

ゴージャスな肌着姿の宣伝写真は、当時、大量に出回ったものである。

 そして90年代に一世を風靡した飯島直子は、生涯唯一の生バストトップを見せた「Zero WOMAN 警視庁0課の女」(95年、ギャガ・コミュニケーションズ)が出色。カラダを武器に危険な捜査をする女刑事の役だが、マッパ姿でシャワーを浴びているところを殺し屋に襲われ、シャワーカーテン越しに銃を撃つ。前出の秋本氏によれば、後半には怪しい男に襲われ、肌着姿にされる場面もあるという。

 第1子の妊娠を発表した北川景子は、20億円近い興行収入を記録した「スマホを落としただけなのに」(18年、東宝)で、意外な姿を見せた。長い黒髪に執着する男によって監禁され、キャミソール姿でつるされ、体をなで回される。

 さらに、今年2月に公開された続編の「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(東宝)では、白石麻衣が禁断の見せ場に挑んだ。

「半グレの男に頭を殴られて、車に拉致。手をガムテープで結束され、身動きの取れない白石の体を男がまさぐり、タイツ型のアンダーウエアをビリビリに破って、ブラウスを無理やりこじあける。純白の肌着に包まれた推定Dカップのみごとな渓谷があらわになり、透けた胸の血管も艶っぽかった」(映画ライター)

 乃木坂46としての白石の貴重な置き土産だった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…