芸能

ぺこぱ、「サンジャポでの渡部建イジり」が思いのほかうまかった“舞台裏”!

 昨年の「M-1グランプリ2019」で3位に入り、知名度と人気を大いに高めたお笑いコンビの「ぺこぱ」が、そのコメント力でも評価を高めているようだ。

 6月14日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)にゲスト出演したぺこぱは、今、世間をにぎわせているアンジャッシュ・渡部建の不貞問題についてコメント。その内容が的確なうえに、「自分たちに求められているもの」も理解できていたというのである。

 ツッコミ担当の松陰寺太勇は渡部について「ラジオで1回共演したんですけど、その時はすごいシュウペイのボケも拾ってくれて。まさかこんなニュースが出るとは思わなかったですね」と、過不足のないコメントを披露。これだけでも情報番組のゲストとしては及第点だが、これに続くボケ・シュウペイのコメントが秀逸だったというのだ。

「シュウペイは『(渡部は)イメージいいのに、なんかそんなこと関係ないっていうか、思ってた以下の人だったなと思いましたね』とバッサリ。これにはMCの爆笑問題も大受けで、太田光は『“思ってた以下の人”って新しいな(笑)』と感心していました」(テレビ誌ライター)

 業界の大先輩も感心させたシュウペイだが、ぺこぱが情報番組に出演するようになったのはごく最近のことであり、難しいコメントはまだ苦手なご様子。田中裕二が「相方の不祥事を背負って謝罪するというのはかなりツライと思うが?」と質問した際にシュウペイは、「ボクは相方の人生も背負って一緒にコンビ組んでるわけですから、相方の奥さんとかもいるわけですし、自覚をもっと持ってコンビって、いなきゃいけないのかなって…」などと言葉を連ねるものの、結論にはなかなかたどり着けない様子だった。

 すると田中が、助け舟を出すように、「シュウペイでも(謝罪)できない?」とシュウペイに振った。すると、それに気づいたシュウペイはすかさず「できませーん!」と言いながら、両手を顔の前で交差させる得意の決めポーズを繰り出したのである。

「言葉に詰まったらとにかくシュウペイポーズで誤魔化すというのが、彼の持ち味。しかし今回のサンジャポでは緊張のあまり、その決めポーズも忘れていたようです。一方で、実は、ぺこぱはブレイク前の2017年に爆笑問題の冠番組『バクモン学園』(テレビ朝日系)に二回にわたって呼ばれており、いわば旧知の仲。そのおかげで田中もタイミングよく“助け船”を出せたのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 サンジャポの冒頭では太田が「渡部に会ったらね、『時を戻そう』って言った」と、ぺこぱの定番ギャグを使ってみせる場面も。どうやらぺこぱはすっかり爆笑問題に気に入られているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”