芸能

梶原雄太が「2共演番組を降板」上沼恵美子の“カメラ目線”を激賞していた!

 人気ユーチューバー・カジサックとしても有名なキングコングの梶原雄太が、〈関西の女帝〉として知られる上沼恵美子のレギュラー番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)とラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)を降板、上沼のパワハラ疑惑も報じられるが、いまだ真相は定かでなく、波紋は収まってはいない。そんな微妙な状況下の梶原が、アンジャッシュ・児嶋一哉のYouTubeチャンネル〈児嶋だよ!〉に出演。7月11日に投稿された〈児嶋、カジサックにあの件について謝罪してきた。。〉の中で、上沼に触れるシーンが公開された。

 この回は、YouTubeデビューした児嶋が、今やチャンネル登録者数200万人越えの梶原に秘策を訊ねようという内容だった。ユーチューバーとしてのスタンスとして、「絶対的に必要なのはカメラ目線ですね」と梶原。テレビとYouTubeの大きな違いは視聴者との距離感であり、カメラ目線で言葉を投げかけることが必要だと主張した梶原は、テレビでも同様にそうすべきだとの持論を展開。そして、それを現実に実行し続けているスター的存在のタレントがいると言い、まずは石橋貴明、木梨憲武から成る〈とんねるず〉を挙げた。

 そして次に挙げたのが、上沼だった。

「上沼恵美子さん、いまだにカメラ目線で主婦の皆さんとかに“どう思いますこれ~?”って」

 と、数多くのファンを抱える上沼はファンとの距離感を「カメラ目線で縮めている」と梶原は絶賛したのだった。

 これに視聴者の反応は、〈なんかカジサックが、上沼さんのこと言ってて安心した〉〈上沼恵美子さんの名前が出てなんとなく切なくなりました〉と憶測により真実が見えてこない現状からか、コメントも様々だった。

 この回では、“テレビよりもYouTubeのほうがおもしろく映らなければYouTubeは視聴してもらえない”と梶原は児嶋に強くアドバイスしている。

 そのアドバイスが的を射ているように思われるだけに、それを忠実に実行すればするほど、テレビを生業の主軸としてきた「ザ・芸能人」らと、梶原との間に「おもしろさ」についての考え方の差が開いていくような気にさせられた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声