芸能

安藤優子・小倉智昭…“風雲急”な大物キャスターの最新「カネと評判」を暴く!

 テレビ界を席巻した大物キャスターにも必ず「そろそろ潮時」という、引退や転身といった次のステージが取りざたされる時期が訪れるもの。が、新型コロナによりテレビ界は潮の満ち引きならぬ「怒涛の荒波」が吹き荒れているという。「上げ潮」に乗る新星から一気に「潮目」が変わった大物までのギャラと評価をズバっと総決算しているのが、「週刊アサヒ芸能」7月30日号だ。

 中でも視聴率の低迷に悩まされるフジテレビがその急先鋒だ。何しろ、安藤優子がキャスターを務める午後のワイドショー「直撃LIVEグッディ!」の9月終了が決まったのだ。スポーツ紙芸能担当デスクが説明する。

「故・逸見政孝さんとコンビを組んだ夕方ニュース『FNNスーパータイム』から30年以上フジテレビ一筋で、ニュース番組以外にも選挙特番など“フジ報道”の顔を務めてきた安藤さんがその看板を下ろすことになったのは大きい。今回の決定は年間1億を超すと言われる安藤さんの高額ギャラがネックになったと言われています」

 テレビ局ではこのコロナ禍の影響によりスポンサーが集めづらい状態となり、その結果、番組製作費の大幅圧縮が大命題となっていることも大きく影響しているという。

「実は、安藤さんは5年前に夕方ニュースから『グッディ』に担当が変わった時にも局とひと悶着があった。最終的には、ギャラを上げることでしぶしぶ条件を飲んで合意した経緯があるだけに今回も簡単に引き下がるとは思えない」

 その安藤キャスターがこのままフェードアウトするどころか、フジのキャスター改編の思わぬ「目玉」となりそうなのだ。

「結局は功労者の安藤さんをこのままクビにはできない。そこで既存の番組にコメンテーターとして起用したり、場合によっては週イチぐらいの番組を制作しないといけない。それを誰が担当するのかが焦点となっています」(前出・フジ関係者)

 他にも長野智子キャスターや「とくダネ!」を巡る小倉智昭氏の最新情報など、テレビ界の大物キャスター事情を7月21日発売の「アサヒ芸能」7月30日号で詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美