政治

宮崎謙介〈政界“魑魅魍魎”ウォッチ〉「世界的実験開発に『学術会議が反対』の怪」

 元衆院議員の宮崎謙介氏が足掛け5年の議員生活の経験をもとに、政治家ウオッチングやオフレコ話、政治にまつわる話を適度な塩梅で、わかりやすく「濃口政治評論家」として直言!

 日本学術会議が推薦した会員候補105人のうち、6人が任命されなかった問題、案外長引きそうですね。泥仕合になっていますが、その泥仕合には2つのテーマがあると、僕も考えています。まずテーマAを「政府の任命」、そしてテーマBを「学術サイドの意見」とします。

 テーマAは、一部野党側が指摘しているような「6人を除外した理由と流れ」という側面。菅総理は一時期、「任命されなかった6人を含む105人の名簿は、見ていない」と発言しましたが、翌週には「日本学術会議が推薦した会員候補105人のうち、排除した6人を事前に把握していた」とメディアが発表。これには杉田和博官房副長官が拒否の判断に関わっていて、一方で加藤勝信官房長官が「105人から6人を除く99人が載った名簿は見せた」という趣旨の事実を発表。ここにも問題発生です。

 本当に官房副長官が判断したのだとしたら、ここも解明しなくてはいけないのですが、加藤官房長官の「何人から何人を引いたら残りは何人?」といった計算問題のような発言は、ごまかしのように見えます。本質として重要なのは「言った、言わない」の水かけ論ではなく、「任命のルールがなかった」ということ。野党の揚げ足取りも明らかです。

 次は、テーマBです。これに関しては、そもそも日本学術会議がどんな組織なのか、国民に明確な説明がなされていないことに首をかしげます。「内閣府に属し、日本の科学の向上発展を図って、優れた研究、または優秀な科学者が選考基準とされている組織」らしいのだけれど、特別国家公務員に属し、身内推薦により会員が構成されているとか。身内推薦ですよ!? さらに経費として、会員に対し10億円強の国の予算が投じられているのに、具体的に何に使われているかが、明確になっていません。

 例として、学術会議が反対している「国際リニアコライダー実現化」のことを挙げてみましょう。リニアコライダーは世界的なプロジェクトとして、国際的に推進されている次世代の直線型衝突加速器(電子と陽電子を衝突させる実験装置。宇宙や時空の謎解明につながる)なのですが、日本はその技術面において最先端を担っています。これが実現すると、日本は世界的により尊敬される国となりますが、なぜか専門分野であるはずの学術会議側が実現に反対しており、理由は文科省との予算の奪い合い、との見方が出ています。

 つまり、テーマAとBのどちらにもルールがない中、「欲」ばかりが浮き立ち、指摘する問題がクロスしてしまっているわけです。

 解決策としては、僕はまずテーマBを調べるべきだと考えます。多額の国費が投入されているのに、どういう決め方をしているのかわからない。こういった国の団体をあぶり出して見直していけば、国民に還元できる予算が増えるのではないかというわけです。

 これは学術会議に限っての話ではありません。まず組織の運営や人選にあたっては、ルールがなくてはいけないとは思いませんか。きっと数億円単位で見直しができると思います。そうすれば「GoToキャンペーン」の予算が削減されたのが、また元どおりになるかもしれませんよ。って、ここも怪しいので、いずれ調べておきます。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ):1981年生まれ、東京出身。早稲田大学を卒業後、日本生命などを経て、12年に衆議院議員に。16年に辞職し、経営コンサルタントや「サンデー・ジャポン」(TBS系)などに出演。「バラいろダンディ」(TOKYO MX)ではレギュラーMCを務める。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク