芸能

「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは

 玉木宏と川口春奈が夫婦役を演じ、竹中直人、滝藤賢一らが脇を固める日本テレビ系ドラマ「極主夫道」。

 豪華キャストに加え、累計発行部数300万部超えの大ヒット漫画が原作であることから、制作発表時から高視聴率が期待されていた。

 10月11日の初回放送では11.8%(ビデオリサーチ調べ・関東、以下同)と上々の滑り出し。

 第2話も10.1%と二ケタ台をキープしたのだが─。 同局関係者が語る。

「3話以降、物語が佳境に入る8話まで一ケタ台に低迷を続けているんです。それも初回から徐々に数字が下がっている『視聴者が脱落しているパターン』。期待が大きかっただけに、局内では落胆の声が出ていますね」

 ストーリーの盛り上がりに反し、下がり続ける同ドラマの視聴率。

 同局では「低迷の理由を解明すべく連日議論が交わされている」のだという。

「日本シリーズの影響で放送時間が大幅に遅れるなど不運もありましたが、視聴者が徐々に離れていった『最も根本的な問題』と指摘されている要素が浮かび上がっているんですよ」と同関係者。

 脱落を招いた問題とは。

「原作とあまりにも設定を変えすぎたことですね。原作通りだと玉木と川口は古いアパートで二人暮らしをしているはずなのに、ドラマでは一軒家に住み、娘までいる。初回を楽しみにして見た原作ファンに次第に見放された結果だと考えると筋が通ります」(前出・日テレ関係者)

 背景にはファンの反発もやむなしの改変があったようだ。

(山倉卓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
5
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”