芸能

「グッディ!」を拒絶した麒麟・川島が「グッとラック!」後番組MCを引き受けたワケ

 1月6日の「文春オンライン」が、TBSで放送されている朝の情報番組に関する記事を掲載した。現在放送中の立川志らくがMCを務める「グッとラック!」(TBS系)は春で終了し、新番組が始まるという。

「記事によると、『グッとラック!』終了後の新番組のMCに、麒麟・川島明と、タレントのSHELLYが内定したそう。彼らが起用された理由について、川島は“吉本芸人ぽくない清潔感や、振られてもしっかり笑いを取れる頭の回転の速さ”、そしてSHELLYは、“シングルマザーのMCは現代的”という判断が制作側にされたのだとか。しかし、ネットではこの報道に対し『また芸人か』『川島は能力の高い芸人だからバラエティで見たい』『局アナだけで落ち着いたニュース番組を作ってほしい』などと、ネガティブな意見が多く飛び交っています」(テレビ誌記者)

 そんな川島といえば、過去に情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)でコメンテーターを務めていたものの、降板後に出演したトーク番組にて「『グッディ』やってる時が一番キツかった」「自分は向いてないなと思った。だから今はワイドショーは全部断ってるんですよ」と打ち明けていた。それだけに、今回の仕事を引き受けた彼に疑問の声もネットであがっているが、新番組はワイドショー的な内容ではないという。

「TBSは近年、『いっぷく!』『ビビット』など様々な朝の情報番組を制作していましたが、何をやっても視聴率が取れていませんでした。そんな中、昨年の『フラッシュ』によると、新番組は、これまで制作を担当してきた情報制作局から、コンテンツ制作局に変更されるとのこと。内容もワイドショー色を極力抑え、『はなまるマーケット』のような生活情報中心の内容に一新するそうです。つまり、時事ネタに切り込むようなことをしなくてもいいため、川島は今回の仕事を引き受けるのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 ここ数年、朝の情報番組がしのぎを削る時間帯で、視聴率の最下位争いをしているTBS。はたして、今度の方向転換は吉と出るだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
2
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」